Ball Parkに住むウサギ

野球ブログです♪
Posted by

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by   10 comments

ラミレスの好走塁

オリックス2-6巨人

蓋をあければあっと驚く「1番・亀井」
ビックリでしたね。

2軍戦での動きが抜群だったし、下位ではもったいないと思い昨日の記事では
「2番・亀井」と予想しましたが
なんと1番。(勇人の扱いが軽いぞ~~)


しかし、その亀ちゃんがいきなりの先頭打者本塁打
連敗中のチームに勢いをつけました。

そして3-2とリードしていながら
内海も波に乗り切れずなんとか粘っていた中盤

6回表1死
ラミレスが果敢な走塁を見せ
普段の彼からすれば
シングルヒットでまぁいいかと思われた当りを2塁打とすると


続く5番・由伸がその好走塁に応えるかのようなライト前タイムリー!

ここもラミレスの必死の走りが見られましたね。
(いつもこのくらい走ってくれると嬉しいな←毒)

長野も続き、無死1、2塁から慎之助のタイムリー
1,3塁となって、欲しい場面で谷の犠牲フライ!

まるで絵に描いたような流れのある攻撃~
スバラシイ!

これまで繋げようにも繋がらなかった打線が、点から線に見事につながりました。

その起点となったのが
アレックス・ラミレス選手の素晴らしい走塁であったと思います。



今日のゲームは見所満載

9番に入った藤村大ちゃんも自慢の快足を披露
3回先頭ヒットで出塁、すかさず盗塁でチャンスを広げます。

ここで打席に入った、本日のトップバッター亀ちゃんがチームへの献身を見せます。
前の打席ではホームランを放ち、打ちたい気持ちはもちろんあったでしょう。
しかし、大振りはせず
最低でもセカンドの大ちゃんをサードに進塁させようとするバッティング
内野ゴロ進塁打となり、勇人のタイムリーを呼び込みました。

こういう野球の出来る選手はベンチとしても信頼できるし
必ずオーダーの中にいてほしい存在ですね。

先発野手の中ではヒットのなかった小笠原と谷も犠牲フライで貢献!
内海もなんとか粘り、リリーフ陣の踏ん張りで見事な勝利でした。

内海哲也、これで8勝1敗となったわけですが
やはりこれはまぐれの勝利ではなく
勝つべくして勝っていると思えます。

例えば2回裏、先頭打者に2塁打を打たれ大きなピンチを迎えてしまった時
なんでもないショートゴロを坂本勇人がエラー
しかし
マウンド上で、心の動揺など微塵も見せず

「ここは勇人のために絶対抑えるんだ!」という気迫を見せ
この回を無失点に切り抜けます。
ベンチに戻る内海に謝る仕草の勇人
「いいんだ、気にするな、」と返したかのように見えた内海

3回に出た勇人のタイムリーは
そんな内海と勇人への女神様の贈り物だったでしょうか。

一流投手としての投球術、フィールディング
調子の上がらない日の修正能力を身に付けつつ
打席に立っては確実なバント
時にチャンスの場面で見せるバッターとしての執念

持っているそんな能力以上に
この日、坂本勇人に示した態度にこそ

内海哲也、真のエースと呼ばれるに相応しい風格を感じたシーンでした。


高橋由伸、亀井義行の復帰戦
今シーズン、初めて組めたベストオーダー~

由伸と亀井が復帰しても勝てないじゃないか、とみんなをガッカリさせることなく
期待通りの勝利を手にすることが出来ました。

ヒーローインタビューは亀井義行
もちろん自らの本塁打を喜んでいたけれど

「由伸さんも打ちましたし、(よかった)」の一言に
亀井の人柄の温かさを感じ(心から言っていることが分かったから)ました。

野球選手はいくら性格がよくても駄目。
ライバルを蹴落とすくらいの激しさを持って結果を出し続けなければなりませんね。
しかし、私は亀井義行のこのなんとも言えない人の良さにも魅力を感じてしまうのです。

打ってよし、走ってよし
外野手としては超一流、
三塁手(一塁手)としても経験を重ねていけばもっともっと上手くなれるはず。

有り得ないけど、私がどこかのプロ野球チーム監督だとして
ジャイアンツの選手を誰か一人譲ると言われたなら
迷いなく「亀井義行」を選ぶことでしょう。

高い運動能力に加え、抜群の野球センスを兼ね備えている本当に素晴らしい選手。
イチロー選手のようだと言われるけど
イチロー選手にはない長打力があります。
走り打ちでもありません。
才能から言えばイチロー選手以上に感じるくらいです。
まだ、その潜在能力の半分も出していないと思うのです。
大きく花開く未来があってほしいと願っています。


しかし、私が一番好きなのはもちろん高橋由伸!

今日はそんな二人の晴れの復帰戦
ヨシノブとヨシユキ、笑顔がまぶしく輝いた勝利でした!
明日も頑張れ、ジャイアンツ~





スポンサーサイト
Posted by   8 comments

亀井義行、執念のフォアボール

今シーズン初の「伝統の一戦」

雨上がりのBall Park、阪神甲子園球場

気温10度、試合開始前のキャッチボールでも
各野手が右手をポケットに入れ、温めるしぐさを見せるほどの肌寒さの中
先発、東野峻・能見篤史両投手の好投もあり白熱のゲーム展開は延長戦となりました。



この試合、ジャイアンツの打者が作った打席の中で最も価値があったのは
8回表2アウトからの亀井義行の打席であったと思います。


今日のゲーム、タイガース先発の能見は対巨人戦8連勝を狙っての登板
亀井は昨年、対能見に少ない対戦ながら2打数2安打1HRの相性の良さ
サードライアルに代えてスタメン出場があるのかと期待していました。

能見は左投手とはいえ、案外左打者を苦手にしており
ライアルの心もとないサード守備を考えても
そろそろ先発落ちがあってもよいと考えたわけです。

しかし蓋を開けてみればこれまで通り7番ライアル先発・・・

ライアル選手もヒットは打ちました、監督の采配に文句は言えませんが
目をかけている亀井義行ならば今日のゲーム、スタメンの使いどころではなかったでしょうか。

そんな悔しさを胸に秘めていたかどうか
亀井は8回表2死1塁、代打としてバッターボックスに向かいました。

能見投手(訂正・この回から登板の小林宏投手)にあっという間に追い込まれ
ヤッパリダメなのかと沈みかけましたが
ワンボール・ツーストライクからの落ちるフォークによくバットを止め、
2-2の平行カウントにしたことが、この打席の結果を生んだように思います。

そこからは差し込まれてもファウル、ファウルで粘りながら、フォークも見極めながら
最後の一球もボール、本当に見事に勝ち取った素晴らしいフォアボールでした。

その後の坂本勇人のタイムリーを呼んだのも
亀井のこの執念があったからこそだと思います。



同点に追いつき、延長に入りましたが
延長10回裏、タイガース新井良太選手のサヨナラヒット(3xー2)
無念の結果となりました。


延長になれば、もともとホームチームは圧倒的に有利に進めることができるわけですが
今シーズンはそれに加えて、<3時間30分ルール>が微妙な影を落とします。
10回、11回の表の攻撃を終えて、時計と相談、もはや勝ちがないというのは
アウェーのチームを応援しているファンにしてみれば
なんとつまらないことかと思います。

節電ナイター・・大切なことですから今年は仕方が無いですね。


余計なことですが
今日の解説の立浪さん、大好きな解説者です。
打者目線から見たプロフェッショナルな解説にはいつもなるほど~と思わせるものがあります。
しかし、ちょっと苦言。

能見投手の序盤の投球は本当に素晴らしく、Gの各打者は三振、また三振
1回途中から3回まで、7者連続して三振に打ち取られていたのです。
4回表の攻撃に入る前、実況アナが
「8連続三振を獲ればセリーグ記録に並ぶ」ということを説明していました。
これはたとえ相手チームの投手であっても
野球ファンからみればワクワクするような凄い記録です。


この回、ジャイアンツは攻撃前に円陣を組み
かなり長い間吉村コーチによる檄が飛んでいました。
さぁどうなるんだろうと坂本勇人の打席、いつものように詳しい解説を始めた立浪さん
しかし、勇人は早いカウントから打っていきショートゴロ
倒れはしましたが、連続三振の記録がストップしてしまいました~
アウトになっても延々としゃべり続けている立浪さん、
自分の話を完結させたいのは分かるけど、ちょっと違うかなと思いました。
放送席で記録が途切れたことを話題にしてゲームを盛り上げてもよかったんじゃないかな・・。

ものの見方はいろいろだけど、バッターが打った瞬間には
やはりその打球結果をまず話題にしてほしいものです。
その後、続きを話せばよいことですから。

まぁ、しゃべりまくる江本さんやこれまた詳しく解説してくれる田尾さんが一緒だったので
一番若い立浪さんが話せる場面が少なく、可哀相ではあったのですが・・。



10回裏2アウト、坂本勇人の必死の守備がありました。

なんとか引き分けをと祈るような気持ちで画面を見つめていましたが
山口鉄也、またも打たれました。
性格からしてかなり落ち込んでいると思われます。
気持ちを切り替えて、明日こそクローザーとしての役目を果たしてほしいです。
頑張れ~~~!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。