Ball Parkに住むウサギ

野球ブログです♪
Posted by

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by   20 comments

楽天の選手達

巨人4-2楽天

久々の本拠地東京ドームで快勝
東野峻、2勝目(遅いぞ~)おめでとう!


そろそろ外してもいいんじゃない?
と思っていた(多分私だけ)4番のバットが炸裂~
この上ない勝ち方でジャイアンツが楽天イーグルスに勝利しました。


初回、先頭打者ホームランならぬ先頭打者フォアボールで波乱の幕開け
野球界の格言で最もポピュラーな
「先頭バッターへの四球は必ず失点に繋がる」
まさにその通りの展開、しかも自らの暴投で与えるというオマケつき

しかし、シカーシ
その後は冒頭に書いた結果となり
あ立ち台には、右のエースと4番打者が立ちました。

守備固めでの出場ではありましたが
本日、今シーズン初の1軍昇格を果たした松本哲也がセンターの守備に入ると
本拠地ドームのジャイアンツファンから大歓声が上がり
あぁ、みんな待っていたんだなと改めて感じました。

ファームでは結果が出せず
なかなか一軍からの声もかからなかったようですが
あれだけの守備、走力を持っている選手
もう一度、輝く姿を見たいものですね。


さて、今日のゲームはそんな我がジャイアンツの選手達よりも
それぞれ個性満点、楽天イーグルスの選手達のプレーが
なぜか気になり見ていて楽しかった私です。(ちょっと変?)

まずは先発、ルーキー左腕・塩見貴洋投手
立ち上がり
いきなり先頭・坂本勇人のなんでもない投手正面のさほど強くもない打球を見事にトンネル
これを内野安打とする公式記録員のアマーイプレゼントがあり
勇人、ラッキー♪

続く藤村大ちゃんのこれはいいバント
ここもたどたどしくマウンドを降り、危うくセーフになりかけました。
大ちゃん、内野安打惜しかった~

塩見投手、多分フィールデングが苦手なんだろうなぁ・・
でも一生懸命な姿になぜか好感を持ってしまう
最近相手チームの投手に肩入れしすぎかも。

しかし、マウンドさばきはなかなかのものがあり
5回裏、藤村大ちゃんをおびき出し走塁刺(大ちゃん、まだまだ経験不足)

だけどこの走塁死により次の回に持ち越しとなったラミレス選手の打席が
勝ち越しのHRという結果になったわけだから
勝負のあやというものは分からないですね。

塩見投手、クイックも下手ではない
なのにフィールディングはイマイチ、これいかに。


懐かしい顔のメジャー帰り松井稼頭央
すっかり衰えていて守備もバッティングも昔の面影なく
どうしたのかなぁ、怪我もたくさんしたし
アメリカで精気を吸い取られてしまったように見えて寂しい。


続きまして御大(ベンチでブスッとし続ける星野さんではなく)登場
42歳・山崎武司


威風堂々、平凡な内野ゴロはあっさりあきらめ、まるで走らず
足を痛めないように気をつけているのだろうけど
半分も行かないうちにアウトになってたよ!
プロ野球選手としてあれはどうなの?

かと思えば、左中間に飛んだ当りに全力疾走、
巨体を揺らしギリギリセーフの2塁打~(普通の選手ならスタンディングダブル)
しかし、次打者レフト前(ラミちゃん前)安打でツーアウトなのにホームに還れず
3塁回って引き返す慌てぶり~~

あの身体はいったい何キロあるのだろう?
軽く100キロ超?と思い調べてみると名鑑にはジャスト100キロと書いてある。
きっと嘘でしょう、105キロはありそう。
うーん、
なんだかんだと言っても配球の読みといい、思い切りの良い迫力満点のスイングといい
味がありますよね~~


そして私の好きな
「底力を見せましょう!」の嶋基宏捕手
前回対戦時にも思ったけど、リードの冴えが足りないんじゃないかなぁ。
去年あんなに打っていたのに、今年は打率も1割8分8厘
もっといいキャッチャーなんだから頑張って!


なぜかイーグルスファンブログのようになってしまった今日の記事。
最後はビシッと締めましょう!


内海哲也 29歳
ジャイアンツ、選手会長
「東野が勝てば俺も勝つ」
防御率1.34
6勝1敗、ハーラートップの底力を見せましょう!





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。