Ball Parkに住むウサギ

野球ブログです♪
Posted by

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by   16 comments

最後の業務命令

「それは・・業務命令ですか?」と問い

そうだと言われれば

「承知しました。」

と無表情に答える“家政婦のミタ”さん


ドラマは大ヒットし高視聴率を記録しながら本日最終回を迎えました。

私、実はあまりテレビっ子(子じゃないだろうというツッコミはなし!)ではありません。
家族も含めスポーツは大好きなのでシーズン中はもちろん野球一筋。
最近ではラグビーも必ず見るし
冬だとフィギュアスケートも欠かさず見ます。
でもその分、ドラマやバラエティ番組は見ないんですよね~
時間があれば、好きなスポーツシーンの録画を見たりします。

そんな私ですが
なんとこの「家政婦のミタ」は、こんなに話題になる前
第1回放送からしっかり見ていました。
なぜかというと、昔から松嶋菜々子さんが好きなんです。
彼女、どんな役をやっても品があるでしょ!
一番最初に見たのは
ジャニーズの滝沢秀明くんと共演した「魔女の条件」
主題歌が宇多田ヒカルの“First Love”
ドラマも毎週楽しみだったし
宇多田ヒカルのあのハスキーな声もなんとも言えず切なくてすごく好きでした。

その後も菜々子さんのドラマは結構見ています。

で、今回のミタさん
ドラマの最終回って、それまですごく良かったのにガッカリさせられることがありますよね。
でもミタさんは良かったな。

家政婦を辞めて沖縄に行くことになったミタさんに出された
最後の業務命令
それは

「笑ってください!」でした。

どんなときにも表情一つ変えず、ひたすら無表情に
完璧なまでに家事を遂行してきたミタさんが
初めて家族のために笑顔を見せます。


どんなふうに笑うんだろう、と固唾を呑んで見つめました。

ゆっくりと微笑むミタさん

優しく慈愛に満ちた笑顔

母を亡くした子供たちに向けた温かい微笑み

涙が溢れて止まらない四人の子供たち

家族ひとりひとりに

「承知しました」と頷きながら優しく微笑み返す、涙の菜々子さん


この言い方が相応しいかどうか分かりませんが
まるで「聖母」のような・・・
そう感じさせるほど、本当に素晴らしい笑顔でした。

きっと同じ感想を持った視聴者が数多くいたのではないでしょうか

どんなに高視聴率を獲っても続編は作らないのだそうですね
それがいいなと思います。
もうこれ以上の笑顔はないに違いないから。




ずっと野球のことを書いていなかったので
最近のニュースからいろいろ~



ファイターズの栗山英樹新監督が来季の4番に中田翔選手を“指名”
本人を目の前にして、栗山さんが中田への熱い思いを口にしています。

来季タイトル獲得の可能性について聞かれ
「もちろん早く獲ってほしいけど、1番のタイトルは何かと考えた時に
『優勝チームの4番』まずはそのタイトルを与えてあげたい」と答えていました。
そしてその中田が
清原和博を尊敬していることにも触れ
「キヨは無冠の帝王だけど、西武を何度も日本一に導いた。
もしも彼に憧れがあるのなら、そこに自覚を持って欲しい。
試合に負けたら自分のせいと思って欲しい」と、期待を込めて語りました。

個人的な好みなんですけど
こういう表現の仕方は好きなんですよね~
(詳しく語り始めるとくどくなるので省きますが・・・)

栗山さんはどこか大人しいイメージがあり
解説を聴いていても監督の采配を厳しく批判することはまずなく
選手を悪く言うことのない優しさもときに物足りなさを感じていました。
でもこの中田へのエールは
チームを率いる指揮官として熱い想いが伝わるような一言だったと思います。


先日のサッカークラブW杯決勝
バルセロナ対サントスの試合を取材した記者の感想が記事になっていて
ちょっといいなと思ったので紹介します。

システムは3-2-5とか、3-1-6とか、3-7-0とか
そんなの関係なくて
止めて蹴るという基本技術の高さと
ゴールを奪うためにずーっと頭の中フル回転という見えない所の凄みを感じた。

ビュンッと来たパスを難なくピタッと止めて
蹴りやすい所にコントロールして
ビュンッ ピタッ 
ビュンッ ピタッと
ゴールを目指してパスをつないでいく
めまぐるしく動き続ける機械の歯車のように
ピッチに美しい線が描かれていく

メッシのスーパープレーも
ゴールを奪うために最善のプレーをシンプルに選択しているのが
結果ショウになっているのであって
ショウを演じようという気はさらさらない
一切の妥協なき世界最先端のサッカー。

なるほどね!


変わったところではベイスターズの話題
来季から
今シーズンまで中日の監督付スコアラーなどを務めた田中彰氏が
DeNAのスコアラー陣に加入することが決まりました。
田中氏はチーフ格のスコアラーとして中日の連覇を支えた人で
その徹底した情報分析は落合中日の安定した成績に貢献してきたと言われています。

阪急の選手だった田中氏は引退後オリックスのスコアラーを経て中日へ
落合政権下では11球団に担当スコアラー制を取り敵の戦力分析を行ってきた中
その中心的な存在でしたが高木監督となったのに伴い、退団となっていました。

その田中氏が横浜へ~
これはかなりの戦力になるのではないかと思います。
ジャイアンツはパリーグの球団から野村IDを継承するコーチを入れていますが
やはりセリーグで
しかもあのドラゴンズを情報面で支えてきたチーフ格のスコアラーということですから
何となく不気味な感じがしてしまいます。
ベイスターズは地味だけど
不足していた左腕の補強も積極的に行っていますし
尾花前監督が育てた若手投手達も今季終盤には力を出し始めていましたね。
Gが苦手にしていた国吉投手もイヤな存在です。
新監督の派手なパフォーマンスばかりが報道されていますが
意外に着々とチーム作りを進めているようで
最下位最下位と侮っていては痛い目に遭いそうな気がします。


最後に昨日行われた澤村拓一の契約更改
二桁11勝、新人ながら1年間先発ローテを守り抜き200イニング登板も達成
見事新人王にも輝きました。

当然ながらの大幅アップ、しかし浮かれることなく発した言葉が素晴らしい
「理想のピッチングはダルビッシュ投手
僕はまだ『ピッチング』の『ピ』の字までしか分かっていない。
ダルビッシュさんは『ク』の点々(濁点)まで理解されている。
3年やって一人前、2年後に小さい『ッ』になれるように頑張りたい。」

なかなかに奥深い言葉じゃありませんか。
2年で1字、小さな前進、最後の『ク』の点々まで行くには10年かかるらしいです~
頑張れ、ヒロカズ!!



皆様
いつも温かいコメントをありがとうございます。
今日は、なんだかいろいろと思いつくままに書いてしまいましたので
適当に読み流して下さいね。
もしも興味を持たれた話題がありコメントを入れて下さるようでしたら
一言でも二言でも、適当でも(笑)あまりお気遣いのないようにお願い致します。

明日からは3連休ですね
そして“Christmas”
楽しい週末を過ごされますように~♡♥(。´▽`。)♥♡


2011-12-22  01:21:18
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。