Ball Parkに住むウサギ

野球ブログです♪
Posted by

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by   16 comments

おバカに見えるくらいの真っすぐさ

「マリナーズ一本」という強い気持ちでメジャー移籍を表明していた
ソフトバンク・川崎宗則選手のマリナーズ春季キャンプ参加が決まりました。

契約はスプリット契約と呼ばれるもので
メジャー昇格した場合は年俸も上がりますが
現時点では全くなんの保証もないままでの渡米です。

キャンプは招待選手として参加、開幕25人枠を懸けた厳しい戦い
それでも覚悟の上での挑戦だけに

「夢に向かって突き進むだけ

必ずイチローさんと一緒にプレーします!」



 
そのイチローは

「おバカに見えるくらいの真っすぐさが最大の武器
僕も心を動かされた。
価値観を共有できる選手というのはなかなかいるものではない
覚悟を持っている人間の行動
それは日本でやった人ほど持てないもの
言葉で覚悟ということを言うかもしれないが
本当に持っているのは52番(川)ということになる
ただ、あれを言えるということは自信もあると、僕は思う。」


これを聞いた川宗則が
さぞ胸を熱くしたであろうと思われる言葉を贈っています。



1981年生まれ30歳
ホークス一筋11年間


その活躍ぶりから
契約更改のたびに若い番号を打診されたと言います。
しかし
憧れのイチローの背番号の一つ後からついて行きたいという気持ちで付けている
『背番号・52』
ずっと変えることはありませんでした。


今シーズン
メジャーに挑戦する
ダルビッシュ、岩隈、青木・・・
日本で一流とされる選手達が果たして活躍できるのか
所詮日本人選手なんてその程度のものかと思われるのか
興味深いところです。

だけど
どこか冷めた目線で見てしまうそれらの選手たちとは違って
川宗則にはなんとか頑張ってほしいと思ってしまう

二遊間に川がいて
ライトにイチローがいるマリナーズ
ムネリンの夢が叶ったらいいな
そうなればいいのにな、って応援したくなる自分がいるのです。

日本にいれば
ホークスに残っていれば
きっと将来も保証されただろうに


すべてを捨てて
厳しい世界に飛び込んでいこうとする
一途な男の純情を応援したくなってしまった私は
やはり
男前に弱かったのでしょうか・・・



2012-01-06  15:19:18
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。