Ball Parkに住むウサギ

野球ブログです♪
Posted by

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by   4 comments

ビーチフットボール・1

砂浜で行うスポーツといえば
バレーボール選手達が転出することで有名なビーチバレーがすぐに思い浮かびますが
皆さんはビーチフットボールという競技のことをご存知ですか?


ビーチフットボール
この競技がいつどこで生まれ
どのようなルールの下に行われるものなのか
この夏のビッグイベントに向け勉強中の私です。

そこで、今日は第1回目
歴史を辿ってみました。

以下はすべて
国際ビーチフットボール協会(IBFA)のHPを参照させていただきました。


ビーチフットボール
最初にこの名前を聞いた時、単純に砂浜でやるサッカーなのかなと思いました。
でも、
砂浜でサッカーのようにボールを蹴りながらゲームをすることが出来るのだろうか?
という疑問がすぐに湧きますね。

そう、この競技は同じフットボールでもラグビーに近いものなのです。



1990年
明治大学ラグビー部・OBの若狭平和氏(現IBFA副会長)が
日本発祥のビーチスポーツとして
前身のビーチタッチフットボールを考案し具現化したことに始まり
翌1991年、「日本ビーチタッチフットボール協会」が設立されました。
同年、第1回大会が湘南ひらつかビーチパークで開催され本格的に活動を開始。

そしてそして、1992年の第2回大会より
かの有名なYAMBFTが参戦したわけですね!



タッチラグビーとアメリカンフットボールを足して2で割ったようなスポーツ
と説明がありますが、そもそもタッチラグビーって何?と思いますよね。
タッチラグビーはラグビーで用いられるタックルを、より安全な「タッチ」に置き換え
身体の接触のない安全なスポーツとして知られています。

元々はオーストラリアのラグビー選手達のウォーミングアップ用として始められたとされ
現在ではW杯なども行われており、競技人口もかなりの拡がりをみせているようです。

そのタッチラグビーを基本に、アメフトのような面白さを加え
転んだりしても怪我をしない砂浜で
さらに安全なスポーツとして老若男女、誰もが楽しくプレーできるように考案されたのが
ビーチフットボールです。



1993年には団体名を「国際ビーチフットボール協会」と改め
競技名もビーチタッチフットボールから<ビーチフットボール>となりました。

1999年、各地域名をつけていた大会名称を<“JAPAN SERIES”+西暦>に改称


2002年からは毎年、大会スローガン(でよいのでしょうか?)が付けられているので
紹介しますと

2002年 
「Love is Real」~真実~
2003年 
「Chang the World」~変える~
2004年
「One and Only」~唯一~
2005年
「Strong Will」~強い意志~
2006年
「SHARE」~分かち合う~
2007年
「Link Up」~絆~
2008年
「OVER COME」~乗り越える~
2009年
「Que Sera Sera」~何とかなるさ~
2010年
「Power Base」~力の源~

となっています。

我がジャイアンツの今シーズンのスローガンは「結束」ですが
ビーチフットボール大会でも毎年素晴らしい言葉が選ばれていますね。

しかし、なんといっても2009年の「何とかなるさ」は異彩を放っています~
あとはすべて
いかにもラグビーの香りのする、格調高いものが並ぶだけにちょっぴり笑えます。

いきなり、「ケ・セラ・セラ」ってどうしたんでしょう~~面白いですねぇ。


今年は大きな出来事があった年
さて、どのような素敵なテーマが選ばれるのでしょうか。
ちょっと興味深いです。


ビーチフットボール競技の最大の目標は
日本発祥のビーチスポーツとして、日本国内に留まらず
世界により広く、より深く根付かせていくことにあり
国境や言語の壁を越え、世界中とコミュニケーションできるこのスポーツを
一人でも多くの方に愛されるものに高め、ひいては
日本を代表するビーチスポーツとして確立していきたいということにあるそうです。


「まずは知ることから始めよ」
ということは、何事においても言われることですが
簡単にではありますが歴史を知りました。

次回は、「ルールを知ろう」ということで
またまた、しどろもどろな記事が復活する予定です~




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。