Ball Parkに住むウサギ

野球ブログです♪
Posted by

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by   2 comments

野球の底力



相模原球場で行われたタイガースとの合同実戦練習試合
巨人5-5阪神 (4月6日)

前日のゲームで右ふくらはぎを痛めた阿部慎之助選手欠場にともない
原監督は大幅な打順変更をせざるを得ませんでした。

1.坂本 2.脇谷 3.小笠原 4.ラミレス 5.高橋 6.長野 7.亀井 8.鶴岡

というオーダーです。

近未来打線から昨年の打線に逆戻りしました。


私は以前に書いたコチラ~2011.3月5日記事の中でも言ったのですが
打線の中心になるクリーンナップの並びは、やはりジグザクにするべきだと思うのです。
この記事は、阿部選手を4番バッターにという内容で書いたものですが
3番が右打者の坂本とした場合には4番には左打者をという意図でもありました。


先日までの近未来打線は、3番坂本、4番ラミレスときて
5番小笠原から左が並ぶという打線。
1番~3番には納得できるけど4番以降はどうなの?と思ったものです。

極端なジグザク思考ではありませんが、
途中交代のない中心打者の並びはやはり右、左と交互にした方が相手投手起用にも迷いが生じるというものです。

阿部選手が出られなくなるという緊急事態のなか
昨日の打線の並びはどこかしっくり来るものがありました。

4番ラミレス選手を絶対に外せないと考えるなら(私はそうは思わないけど)前後には左打者を持ってくるのがベストだと思います。



昨日のゲーム
巨人ー阪神戦というプロ野球で最も人気のあるカード


たとえ合同実戦練習試合とはいえ無観客で行うのは
あまりにもったいないのではないかとニュースなどを見て感じました。

野球ファンとしても
先発内海投手が4回を投げ打者20人に7安打され5点を失った・・
と簡単に言われても、その内容がどのようなものだったのか?
味方の拙守もあったのか(あったらしい)ボール自体はどうだったのか気になるところです。


東京電力の節電対策地域であることに加え、警備上の問題もあるのでしょう。
ですが観客の皆さんからいただく入場料(もちろん低額におさえて)
募金箱をおいて支援を募ったり
どこかのテレビ局で安い放映権料にて放送してもらい
その収入も全額寄付の形をとれば
素晴らしい支援の力となれたのにと残念に思います。

急遽決まったことやその他さまざまな問題のあることは理解できるのですが
迅速、柔軟な対応によりできることもあったのではないでしょうか。


2011年シーズンはいよいよ来週開幕です。

先日の楽天・嶋選手の素晴らしいスピーチにあったように
「野球の底力」を今こそ見せよう!の熱い思いを胸に
12球団選手全員が力を合わせて頑張ってくれると思います。
私も野球ファンとして、その頑張りを心から応援していきたいです。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。