Ball Parkに住むウサギ

野球ブログです♪
Posted by

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by   10 comments

勝因と敗因

ハマスタ3戦目
横浜5-7巨人

この試合の明暗を分けたのは初回の横浜、4回の巨人の守備であったと思います。

横浜先発はルーキー・須田幸太投手
1回表
坂本を三振に獲りましたが脇谷にヒット(その後盗塁)
続く小笠原は1,2塁間後方に上がるフライ

今日の横浜スタジアムはレフトからライト方向へ強い風が吹いていました。

落下地点を見れば結果的にはライトボールでしたが
追いかけていく流れの中では、やはりセカンドボール。

セカンド渡辺選手、充分に追いつき待っている余裕までありながら
風に流された飛球を取りきれずポトリ~
昨日に続き、横浜海風方面からの強烈な神風が後押ししてくれたのでしょうね!
小笠原選手にとってはなんとも幸運な1998本目のヒットとなりました。


先発須田投手にしてみれば立ち上がり、2アウト2塁のはずが1アウト1、3塁
迎えるバッターは4番ラミレスという大ピンチになってしまいました。
右越えに運ばれ先制点、こういうところで必ず打ってくれるアレックス・ラミレス選手
今日のゲームでジャイアンツの4番として連続415試合出場
あの松井秀喜選手に並ぶ巨人最長タイ記録を達成。
またまた訂正(いつもスミマセン~)
この試合で連続416試合4番として出場、巨人最長新記録達成でした!



守備には大いに不満があり、首を傾げたくなる場面が度々なのですが
こうしたバッティングを見せられると
やはり必要な選手なのだと思わざるを得ません。
常に試合に出場し続けるコンディション作りにも
守備で体力を温存しているとはいえ
立派なものだと改めて感心させられます。
もう、あまり悪口は言わないでおこう~~


ラミレス選手タイムリーのあと、なお1死1塁、3塁
長野の当たりはサードゴロ、
村田選手はセカンドには送球せず、三塁走者小笠原をアウトにすることを選択。
長野の足を考えればゲッツーは無理との判断と思われますが
もしかしたら併殺できていたのではないかと、ちょっと思いました。
まだ初回
絶対に1点をやってはいけないというほど追い詰められた局面ではなかったのでは。

その後の亀井選手、加藤選手のタイムリーはもちろん立派です!

結果的に
初回一挙5点のビッグイニングとなったわけですが
あのセカンド後方に落ちた小笠原選手のラッキー安打がすべてであったような気がします。
須田投手は、前回阪神戦でも好投を見せており
この回さえ乗り切っていればまた違った展開があったかもしれず
あの打球をアウトに出来なったことがベイスターズの敗因に思えてなりません。


ジャイアンツの勝因はいろいろあったと思いますが
4回裏の高木康成投手のフィールディングをあげたいと思います。
2アウトから
G先発・トーレス投手が4連続四球で押し出し点を与えるというまさかの展開
急遽登板の高木投手、準備はしていたと思うけど
6-1で4回のマウンドに上がった先発投手をリリーフするという心構えはなかったのではないでしょうか。

満塁から石川選手に2点タイムリー
センター前に抜けるいい当たりに飛びつきましたが、強い当りはセンターへ
6-5(この回、村田選手のソロHRあり)1点差に詰め寄られました。
ベンチもファンもガックリです。

なお1、2塁にランナーを置き、松本選手の当たりはこれまた高木投手を襲う当り
しかしこの打球を体で止め、ピッチャーゴロでスリーアウト!
同点は与えず踏みとどまりました。

もしもこの当たりが抜けていれば、両者俊足の走者は一人還り同点、もう一人は3塁へ
そして迎えるバッターは、3番スレッジ選手という場面になっていたはずです。
左のスレッジには続投?
あるいは更なる計算外の投手交代があったかもしれません。
その後の継投にも狂いが生じたことでしょう。

高木康成投手
現在のジャイアンツ投手陣の中では、久保投手と双璧の守備力を誇っていると思います。
昨年も何度も自らの芸で身を助けた場面を見せてくれました。



ゲームは中継ぎ陣の踏ん張り、ラミレス選手のHRによる貴重な追加点
チームみんなが結束して勝利を掴んだことはご承知の通りです。

しかし、あの場面で、あの打球を抜けさせなかった高木投手の守備力が
このゲームの最大の勝因であった、と思ってみました。


いよいよ明後日、5月3日
チーム、選手、そして応援するファン
誰もが待ち望んでいた今シーズンの本拠地開幕戦を迎えます。


戦う相手も宿敵阪神タイガース


ジャイアンツの聖地、東京ドーム・伝統の巨人ー阪神戦


我が家のない流浪の旅人となり三週間

ようやく戻れる感激を胸に

熱く、熱く戦ってくれるに違いありません~

頑張れジャイアンツ!





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。