Ball Parkに住むウサギ

野球ブログです♪
Posted by

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by   8 comments

高橋由伸、骨折

由伸骨折
このニュースを見たときに
驚くというよりも
やはりそうだったのか、という思いの方が強かったです。

草薙球場でのアクシデントの瞬間
激しい痛みのためうずくまるようにして耐えていた姿に
これは軽くはないという悪い予感がしていたのです。

すぐに病院に行き検査をした結果は、骨折はなく打撲
ホッと一安心、「打撲なら2~3日で治る」そう思ったものでした。

しかしその後も痛みはとれず、登録抹消へ
この時点でたんなる打撲ではなく骨折かヒビが入っているか
どちらかの可能性が強いと感じました。
自分の想像で不確かなことを記事にするのはよくないと思ったので
ブログには何も書きませんでしたが
<肋骨骨折>について治療方法や全治期間など調べたのもこの頃です。


なぜ、最初の静岡での検査で骨折が判明しなかったのかという疑問もわきますが
肋骨部分はレントゲンに前部・背部が重なって見えるため
骨折箇所が判別しにくい場合が多く
折れてから2~3週間後に発見されることもよくあるそうです。
さらに複数骨折である場合も珍しいわけではなく
激しい衝撃のあった由伸の場合も左肋骨が3本も折れていたということです。

全治一ヶ月
骨が完全につくまでに3~4週間
さらにリハビリに同程度の期間がかかると言われています。

先日、日本ハムの斉藤佑樹投手が脇腹の筋挫傷により離脱しましたが
野球選手にとって、この脇腹の故障は非常にやっかいなものだと聞きます。
右投手や右打者の場合、左脇腹の筋肉を傷めやすいといいますが
確かに斉藤投手は左脇腹でした、でも去年の内海投手は左投手で左を痛めたと記憶しています。
あの時は守備の瞬間だったので、違うのかなぁと思ったり
いろいろ考えてしまいます。

笑われるかもしれないけど、試しに自分でスイングしてみたら
左打者は振り切った時にやはり左脇腹が伸びる感じがする
とすると、由伸の場合も重要な箇所に違いはない
投げる側ではないので、そこだけはよかったのかも。

筋肉を傷めたわけではなく、単純骨折なので骨さえつけば・・・
ファンとしても今はそう思って一日も早い回復をと祈ることしか出来ません。


今日、何か情報があるかもと思いイースタン中継を見ました。
5回終了時、高橋由伸情報として午前中のジャイアンツ球場での様子が映され
軽いキャッチボールをする姿がありました。

解説をしていた宮本和知さんが本人と話したそうですが
「3本も折れているとは自分でもびっくりした」と語っていたらしいです。
復帰は交流戦明けになることは間違いなく
6月末までにはなんとかというところでしょうか。


今シーズン
長年の悩みであった腰痛から解放され、キャンプ・オープン戦と好調を維持し
開幕してからも「5番打者としての存在感」を見せてくれていました。

4月26日まで、9試合に出場
打率2割7分3厘はやや物足らなくも見えますが
打数が少ないため、1~2本の安打で8分、9分にはすぐに上がる数字です。
22打数6安打、5得点、本塁打2、打点3

何より素晴らしいのが、四球8を選び出塁率が4割6分7厘もあるということです。
現在セリーグ打撃成績で
由伸の出塁率を上回っているのは首位打者の広島・広瀬選手だけです。

野球の試合において
フォアボールがどれくらい重要な要素であるかはここで語るまでもありません。

打率が上がらないだけで、走者の無い時などはヒットと同等
相手投手に与えるダメージも、時にはクリーンヒット以上のものがあったりします。

ちなみに22試合を経過し、Gの主力の四球数は
1、2番の坂本、脇谷3、小笠原10、ラミレス9、長野7、となっています。
由伸はわずか9試合で8個です。


四球狙いで消極的になることはもちろん良いことではありませんが
見極めたうえでのチームへの貢献は、勝利への重要な要素です。
野球は投手も含めて並んだ9人が力を合わせて得点していき、守っていく競技。
今のチームは、繋がりもなく個々の選手の調子も上がらず
最下位という場所に相応しいチームになってしまっています。

イースタンの楽天戦では打たれはしましたが山口鉄也が復活
阿部慎之助にもライト線を抜ける2ベースが出て、走りも問題なく来週は復帰予定です。

宮本さんが言っていました。
「由伸選手には心は折らずに頑張ってもらいたい」
シャレだけど、本当にそうだと思いました。
どんなにか気落ちし、悔しい気持ちでいっぱいだろうけれど
あきらめず、心を折らず、復帰に向けて出来ることを精一杯積み重ねて行ってほしい。

高橋由伸ファン、ジャイアンツファンはその日を楽しみに待っているし
心から応援しています。
頑張れ、ヨシノブ!



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。