Ball Parkに住むウサギ

野球ブログです♪
Posted by

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by   10 comments

打者一巡

6月29日
福島郡山・開成山野球場
巨人5-5ヤクルト(延長10回、時間切れ引き分け)

初回
先頭打者がいきなりの四球で出塁
ホームランあり、3四球ありで打者一巡の猛攻!

さぁいったい、何点入ったと思いますか?
少なく見積もっても4点、上手く行けば5点は入っていそうですよね。

ところが実際には3点。
初回に3点は上出来、と言いたいところですが
もう一押し欲しかったというのが感想です。
引き分けて良しと思えたのはスワローズであり
ジャイアンツは勝てたゲームを落としたと言わざるを得ません。

2番のHRで塁上に走者がいなくなり
3番・4番が凡退、2アウトからの繋がりだったこと
最終的に満塁になり(された)投手に回ったことがすべてですが
制球に苦しみまくり、明らかに動揺の見えたヤクルト先発・加藤投手でしたから
初球凡退の金刃には何とかもう少し粘れなかったものかと悔いが残ります。

正確な数字は把握していませんが(調べろよ!)
金刃のバッティングはかなり良いと記憶しています。
だからこその初球打ちだったかもしれませんが
このゲームの大きな流れを見てみれば
やはり、この初回に
加藤投手を攻め切れなかったことが、勝てなかった伏線であると思います。


そして
頑張って投げていた金刃の気持ちをプッツリ切らすようなプレーが5回表にありました。

1死1塁から投手加藤が送りバント
金刃がマウンドを素早く降りて処理、セカンドに送球
完全にアウトのタイミングでしたが
送球がやや一塁側に逸れ走者と交錯する形で坂本が落球。
投手が打者走者であったことを考えればゲッツーチェンジだった可能性が高く

勇人を贔屓目に見たなら完全なエラーではないけど
金刃にしてみれば、心の中で「やった!」と思えるプレーだったはずです。
それが、アウトは一つも取れず、なお1,2塁。
ここを抑えてこそは当然ですが
自分自身のナイスプレーがあのような形になったことへのショックは大きかったと思います。
この回の3点はその後の展開を見ても致命的でした。

甲子園でも勇人のキャッチングミスがありましたね。
セカンド古城選手が身を挺して必死に掴んだ打球の送球を受けられずジャッグル
この時も、古城のトスが若干上ずりはしましたが
自分の身長の範囲内に来ているのですから
あれはしっかり捕球して併殺を完成しなければ
せっかくのファインプレーが台無しになってしまいます。

藤村大介選手の堅実なプレーが目立つだけに
投手や野手の素晴らしいプレーを完成させられない坂本勇人の軽率さが残念です。

あと1本の出ない攻撃陣にも歯痒いばかりですね。

最後のバッターとなってしまった高橋由伸の見逃し三振にもガッカリです。
代打向きの選手ではないのは分かるし、体調も万全ではないかもしれない。
それでも出場している限りは、気迫を前面に出して戦って欲しい。
確かに、初戦に比べてイム投手の出来は良く
全球ストレートという配球にも、相川捕手の冴えがあったかもしれません。

しかし代打の打席で
二度も真っ直ぐのストライクを見逃している由伸の姿は見たくありません。
早くあの積極性と打席でのタイミングを取り戻してもらいたいです。

今日は久しぶりの本拠地東京ドーム
何とか勝利して、首位ヤクルトとのゲーム差を縮めてほしいものです。


朗報
カッコいいことで有名な、あの湘南のビーチフットボーラー(自称17歳)が
明日金曜日、東京ドームへ
いよいよ現地参戦です~
海風を強く吹かせることでは他の追随を許さぬものがあるAMの主務。
ドラゴンズ打者の打席では向かい風を!
統一球に苦しみ一向に飛距離の伸びない我がジャイアンツ攻撃陣の打球には
凡フライもスタンドまで一気に運び込む強烈な追い風を吹かせてもらいましょう!

同行するのは、東海道線の車内から観音様に手を合わせることにかけては
これまた右に出る者などいないと言われている(?)AMメンバーのマリリンさん
(注:野球部春のリーグ戦では主務&マリリンコンビが連続2塁打でサヨナラのお膳立てをするも、後が続かず惜敗。
打てなかったのが誰であるかは極秘情報とされていますが
同じくAMのメンバーであることをお知らせしておきます。参照

主務が海風を強く吹かせつつ、傍らで祈りを捧げるマリリンさんの想いが届き
見事ジャイアンツの勝利となりますよう
心から願っています。

頑張れ、ジャイアンツ




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。