Ball Parkに住むウサギ

野球ブログです♪
Posted by

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by   12 comments

広島戦、録画放送を見て

広島2-4巨人 (マツダスタジアム 8月28日)

日曜日の試合
独占放送だったみたいで見られず。
見ることの出来なかったGファンも多かったみたい・・

で、昨日の夜録画放送がありました。
結果の分かったゲームをあとから見るのは好きじゃないけど
勝ちゲーム、見たい場面もいろいろあったので視聴。


まず、初回のチャンスの場面
勇人をスタメンから外し
代わって1番に入った藤村大介が四球で出塁すかさず盗塁
2番亀井がサードに送って3番長野のタイムリーという絵に描いたような攻撃で先取点

2回に併殺間に同点とされたあとの4回
一番確認したかった場面です。
先頭の亀井死球、長野のセンター前でスタートを切っていた亀井はサードへ
無死1,3塁の絶好のチャンスで4番・高橋由伸
相手はゲッツー狙いで前進守備は敷いていません。
どう考えても1点は入るだろうと期待がかかります。

由伸の打席途中で長野が走り盗塁成功
この試合のジャイアンツは失敗も多かったけど本当によく走りました。

ゲッツーのなくなったチームにとっては最善策だったと思うけど
打者としてはかえって打ちにくい状況となったかもしれません。
相手投手は由伸だけに集中、ヒットゾーンも狭まり
ボール球で攻めながら満塁策を取ってもいいわけですから。

そして、由伸の放った打球は
目の覚めるようなセンターライナーでした!
悲しいかな、真正面、しかもやや浅め

三塁走者が浅いセンターフライで無理して突っ込んだという見方もあったようなので
どの程度に浅かったのか、とても興味がありました。

実際に映像で見た感じ
あくまで私の個人的な意見ですが
アウトカウントや後続の打者を考慮しても
あの当りで突っ込まないのは逆におかしいでしょ、と思える打球でした。

確かに浅かった。
しかしあのくらいの打球でサードランナーが生還するのはよく見られるし
鈍足ランナーならまだしも
尚広・大介級ではないものの亀井は俊足。
サードコーチの判断は決して間違ってはいなかったと思います。

これはもう
カープのセンター天谷選手の好返球を「敵ながらアッパレ」と褒めるしかありません。
正面にマウンドの高さを見ながらも抑えの効いたストライク送球!
石原捕手のブロックも完璧、素晴らしいプレーでした。

惜しむらくは
亀ちゃんのタッチアップがあまりにも「リッチギー」だったこと。
先日パリーグで、リスタートが早過ぎてホームセーフだったのにアウトに翻るという事件がありましたが
試合後、審判室に怒鳴り込んだ某関西球団の“そらそうよの監督さん”←結構好きです。
のような行動をさすがに原監督にさせるわけにもいかなかったのでしょう。
オマケ
亀ちゃん、真正面から滑り込まず廻り込んだ方がチャンスあったかも。


由伸のファースト守備
必死に頑張っています。
でもやっぱり、ガッツに比べると慣れない感は否めません。
昨日はそれほど難しい守備機会はなくほぼ完璧。

一度だけこれはと思うプレーがありました。
5回裏1死から木村選手の打球は健太郎のグラブを弾き方向が変わります。
打球を追いかけてセカンド方向に動いていた藤村大ちゃん一瞬逆をつかれますが
反応よく逆モーションをかけ、見事キャッチし一塁送球
しかしやや乱れてハーフバウンドに
これを由伸が上手くキャッチ、間一髪アウトにしました。

俊足木村選手を塁に出せば、盗塁でチャンス拡大があったかもしれない場面
ピンチを未然に防いだ
健太郎~大介~由伸の見事な連携プレーでした!


そしてもう一つ見たかったのが8回表の攻撃
無死一塁から、送りバントを決めるための代打として
満を持していた橋本到が華麗に登場します!

マウンドには左腕・青木投手
左バッターが左投手の球を上手く転がすのはプロと言えどもそう簡単ではありませんね。
相手も失敗させようという投球をしてきます。
ワンボールから内角に食い込んでくるシュート
本当に難しい球を上手く三塁前に殺しました。
見事送りバント成功~
しかも早いカウントからのよどみのない成功は流れを引き寄せます。
「スゴイじゃん、イタル!」
この回、亀ちゃんのタイムリーでその時の走者尚広がホームインしましたから
価値あるバントになりましたね。

シカ~シ
同点の9回2死2塁の打席では空振り三振
ここでプロ初安打、決勝タイムリーとなっていれば最高の思い出になったのだけど
モッテナイイタルでありました。
だけど、主軸打者も手を焼くサファテの剛速球に臆せず見事な空振り!
「決して当てには行かないぞ」という意地を見せたのでした。
イタルがそれを期待されていたかどうかは別として。


同点のまま延長に入り10回表
2死から、長野が因縁の今村投手から内野安打で出塁
この回から登板の今村投手、ライアル・亀井をかすりもしない連続三振で2アウト
長野にはやはり遠慮があるのでしょうか?
気持ちは分かるけど、もう堂々と投げ込んでいいんだよって言ってあげたいです。

2死1塁で寺内
正直、ダメかなと思ったけど
なんのここで寺内が執念の粘りを見せフォアボール
変化球を見極めながらストレートはファウルで逃げ
7球目のスライダーもボールで素晴らしい出塁!
毎回、四球のことばかり書いていますが
この寺内が選んだ四球こそ、この夜の勝利を呼び込んだワンプレー
9回を危なげなく3者凡退に退けたドスコイ・アルビーのピッチング
二人の貢献が光ったゲームでしたね~



寺内が繋いでくれたチャンス
スタメンを外れ途中出場したものの、前の打席では満塁で三振
ベンチの監督をガックリとうなだれさせた坂本勇人が見事に決めてくれました。
やはりここがイタルとは違う~
モッテル勇人の真骨頂!

最後は裕也が締めて見事な勝利を収めました。

今日からは北陸で横浜と2連戦
最下位に沈んでいるチームとはいえ油断大敵
出来れば連勝して、首位スワローズ戦へ~
燃える神宮三連戦に期待!


2011-08-30 14:18:50


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。