Ball Parkに住むウサギ

野球ブログです♪
Posted by

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by   12 comments

原監督の采配

中日2-3巨人 ナゴヤドーム

2位浮上

薄氷を踏むような思いで手に入れた勝利
何とか初戦をものにしました。


終わってみれば2回の3点で勝ったわけですが
その攻撃を振り返ってみます。


先頭の6番小笠原がヒットで出塁
7番阿部、ここはバントのない場面だけど
慎之助は大振りせずコンパクトなスイングを心がけなんとか繋ごうとしていました
最低でも進塁打、あるいはボールを見極めての四球という打席でしたね。

8球粘りましたが、ストライクはすべてファウル
ボール球は振らず最後のフォークも軽く見極め結果四球。
この回の3得点にはこの慎之助が選んだ四球が大きく貢献していたと思います。
今日のネルソンは明らかに調子が悪そうでしたが
ここで凡退していたらもっと早く立ち直っていたかもしれないですね。

8番古城にはバントさせ2,3塁にしてゴンちゃん、勇人へと繋ぐのかと思いましたが
古城強攻策ヒットで満塁、
続くゴンちゃんの見事なタイムリーが出て先制!


ゴンちゃんって、見てていつも感じるのですが身体能力が高いですよね。
バッティングは言うまでもないし
フィールディングもあの身体で軽快です。
今日も6回1死から大島選手の投ゴロをさばき
自らベースに入る合図をガッツに送ったものの
大島選手の足も速いわけですから間一髪のプレーとなりました。
間に合わないとみるや上手くベース手前でタッチ!
この辺の瞬時の判断と動きは、なかなかのものだなぁといつも感心しています。


2回の攻撃
ゴンちゃんタイムリーの後
勇人が勝負強さを発揮して左中間へ2点タイムリー2ベース~
なおも無死2、3塁となりました。

2番・藤村大ちゃんの打席
前の打席ヒットを打っているし押せ押せの場面
勢いに乗ってというのはもちろん分かりますが
ここは“スクイズ”でも面白いんじゃないかなと見ていました。
しかし全くその気配はなく、初球ストレートをファウル。

サードランナーが投手
打席には、相手バッテリーからはサード方向が丸見えの左打者
アウトカウントもゼロのこの場面
まずスクイズはない、と誰もが思いますよね。

でもスクイズが成功するための最も重要な要素は
相手にそれを悟らせないということですね。
この場面がまさにそんな場面だったように思います。
失敗しても1死1,3塁、あるいは最悪ダブルプレーになっても2死3塁or2塁
大ちゃんが上手く転がせば1点入ってなお1,3塁になる可能性だってありました。

もちろん2番が凡退しても1アウトになるだけ
チャンスを充分に残してクリーンナップに回るのですからベンチの考えも当然です。
だけど結果論じゃなく、あの藤村選手の打席、そんなふうに考えながら見ていました。


今日の投手交代にもちょっと疑問を感じました。
7回、1点取られたところでゴンちゃんを早めにあきらめたのはまだいいとしても
2番手がロメロというのはどうなの?
出てきた瞬間に嫌な予感がしました。
この間から、ビシッと抑えたことがないように思うんですけどね~
ここは
日曜日のゲームでいいピッチングを見せたアルバラデホの方が良かったのでは?

案の定ピンチを広げ1点差、森野選手のところで山口投入。
ここでぐっさん、期待に応え見事に満塁のピンチを切り抜けます。
回またぎの8回も和田投ゴロ、佐伯、グスマン連続三振!と圧巻のピッチング。
山口鉄也の踏ん張りが後半のハイライトでしたね。

最終9回裏
ここのところ安定感抜群だった久保がヒヤヒヤの投球でしたが何とかゲームセット~
1点を守り抜きました。


打線で一番気になること
4番のラミちゃん・・・
外の落ちる球にバットとボールが30センチは離れているように見える空振りの連続。
ここまで4番としてチームに大きく貢献してきたのは認めるけど
今の状態はやはり深刻
打線がプッツリ切れてしまう原因になっているかのよう。

現状のG打線、上位は右打者、下位には左打者が並ぶ変則打線となっています。
3番、4番も右。
小笠原の状態が上がってきているし
(今日もガッツ本来の打撃、低めを上手く打っていましたね)
4番と6番を入れ替えても面白いのではと思います。
ジャイアンツの左打者達は左投手を苦にしない、とはよく言われることですが
先発左腕とは違いリリーフで出てくる左投手はやはりそれなりの投球をします。


長野、小笠原、由伸、ラミレス、慎之助
この並びの方が相手ベンチの投手交代にも若干の迷いを与えられ
今日のように右左をスパッと持ってこられることもなくなるかもしれません。



辛勝したナゴヤドーム第1戦
9回、たとえ2アウトであったとしても
2塁打を放った高橋信二選手に代走を送らなかったことも含めて
「もう1点」を取りに行こうとする貪欲さに欠けていたように思います。
ほんの少しずつ、いろんな場面で采配に疑問を感じた今日のゲームでした。


しかし、勝利は明日への何よりの活力です。
強気な構えを崩さないあの落合監督が
思わず弱音を吐くほど眠り続けるドラゴンズ打線
ドアラがひねりを加えたバク宙に成功しても勝てなかったドラゴンズ

「ナゴド3タテ」
去年までなら夢にも思えなかった最高の結果に向けて
明日の第2戦、選手会長に期待します!!




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。