Ball Parkに住むウサギ

野球ブログです♪
Posted by

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by   12 comments

尚広の存在感

広島1-2巨人 (マツダズームズームスタジアム)27日

鈴木尚広の存在感を見せ付けたゲームだったと思います。

終盤、ここぞの場面
「代走・タカヒロ」のコールに
ジャイアンツファンなら誰もが得点を期待しワクワクします。

昨日の試合
1点ビハインドの7回表
先頭打者は
ここまで好投前田健太の前に2三振、
まったくいいところのなかったこの日の4番・高橋由伸
本塁打あるいは長打で出るのが最高ですが、何としても出塁を果たしたいところ

2球続けてボール、カウント有利にし
その後も鋭く決まる変化球にはバットを当ててファウルしながら
ストレートにも、変化球対応のためさすがに振り遅れるものの力強くファウル
最後の外角スライダーをしっかり見極めて出塁。
四つのボールはすべて変化球でしたね、技ありの四球だと見えました。

準備万端の尚広の出番を作った由伸のこの四球は
本当に価値あるものでした。
私が由伸ファンでなかったら、こう書いていることがもっともっと説得力を持つのですが
贔屓目一切なしで素晴らしい出塁だったと思います。


前日、負けはしたけど
9回代打登場の阿部慎之助も同じような場面で四球を選び
やり遂げた仕事の大きさに雄叫びを上げ、喜びを表現していました。
野球ファンとしては、こんなワンプレーに胸躍らされるものです。

野球の試合には流れが必ずあり
ここで絶対に出塁が欲しいという場面で
それがヒットであれ四球であれ、ベンチの願い通りに出来る選手はさすがと思えるのです。

昨夜のゲームで
好投虚しくマウンドを降りた前田健太が試合後、一番悔やんでいたのが
7回・先頭打者に与えてしまったフォアボールでした。
「アレがなければ勝てていた」と。


そして
その由伸の貴重な出塁を最高の形で生かしたのが
鈴木尚広の見事な走力でした。

味方も相手チームも球場にいるファンもテレビ・ラジオ観戦の野球好きも
誰もが「盗塁」を意識する中で
鮮やかな二盗を決め
ほんのわずかこぼれた投球にも果敢にサード進塁


「自分の足を信じて行きました、
暴投もノーアウトだし無理をするところじゃなかったかもしれないけど
次の塁を狙うのは監督が僕に求めていることだから。」


タカヒロの
「自分の足を信じて行った!」
という言葉にグッときて
ジーンとしてしまったのには
自分自身が歳を取って来たのかなぁと思ったりするけど
入団以来ずっと見てきているから
こんなシーンにはその一瞬に懸けている選手の想いを感じずにはいられないのです。

この日、マツダスタジアムで最も輝いた選手
それは
鈴木尚広であったと私は思います!


1死後
そんな尚広の頑張りに応えてくれたのがキャプテン・阿部慎之助~
あっという間に追い込まれながらも粘りに粘ってフルカウント8球目
誰も真似できないような美しく頭の残った打撃フォームから低めの変化球を拾い打ち
レフトの飛び込みも及ばぬタイムリー二塁打とします。


由伸と慎之助が見せた技ありの四球&タイムリー
藤村大介のピンポイントホーム送球
初回に失点したものの我慢の投球で味方の反撃を待った東野峻
決勝タイムリーの長野久義
それを呼び込んだサブローの先頭打者ヒット
最後を締め東野の白星を守り切った久保裕也

各選手がそれぞれにやるべき仕事を果たした結果の素晴らしい勝利でした。
見事な勝利を生かすためにも今日の勝ちが必要です。

逆転Vに向けて
激しい戦いは始まったばかり

「一人一人が目の色を変えてやれば、どこが相手でも負けないですよ!
やってやりましょうよ!」


試合前のベンチ裏でナインを集め、そう鼓舞したというキャプテン
その言葉通りの戦いぶりを今夜も楽しみにしたいですね!

2011-08-28  14:17:07


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。