Ball Parkに住むウサギ

野球ブログです♪
Posted by

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by   13 comments

光った由伸の返球 (追記・コメント欄にてお返事しております)

阪神2-4巨人 (甲子園)

内海の好投、橋本到&藤村大介の若い力
最近目を見張るばかりのフィールズの活躍などで勝利しました。


今日は隠れたファインプレーとして
8回の高橋由伸のプレーを認めてほしいなぁと思います。


4対1とリードし、8回から山口投入万全の継投に入ったジャイアンツでしたが
1死からヒットで繋がれピンチを広げます。
2死1,2塁から金本選手のレフト前安打
前進守備は取らず定位置、ショート後方よりのフワッとした打球でした。
セカンドランナー新井生還、一塁走者ブラゼルがやや暴走気味にサードに突進!
ダッシュよく打球を処理したレフト由伸
素早いモーションからサードに正確なストライク送球を見せました。
間一髪でブラゼルタッチアウト!

もしもセーフになっていたら、2死ではあっても2点差なお1、3塁
走塁センスの良い打者走者金本選手ですから、最悪2,3塁になっていたかもしれません。

流れから言えば
この場面をしっかり摘み取った高橋由伸のこのプレーは
タイムリー1本分の価値はあったと思うのです。


ここ数試合、相手左投手先発が続き代打のチャンスさえなかった由伸。
今日は右投手ということで監督もようやくラミレスを外し
そのレフトにスタメン6番・ヨシノブでした。

打席での結果は四球が一つあったものの
走者のいる場面で打てず、結果は出ませんでした。
ですが打撃内容は悪くなかったように感じました。
2打席目のチャンス
メッセンジャー投手の初球ストレートをしっかり捉えた打球でしたが
惜しくもセンター正面をつきました。
3打席目、左の藤原投手にはレフトフライ
ほんの少しのタイミングのずれでありガッカリするような打席ではなかたっと思います。

そして悔しかったのが
最終回、先頭打者として打席に立つはずが
左腕・榎田登板ということで代打ラミレス・・

百歩譲って走者のいる場面なら納得もします。
何試合もスタメンから外し、代打でも出さず
こんな場面であっさりベンチに下げる
しかも、その後の古城にはそのまま打たせるって、どういう考え?!
古城は榎田との相性がよかったのでしょうか?
どう考えても納得がいきませんでした。

打つ打たないは結果論だけど
由伸なら見極めて四球ということも充分考えられたのに・・・。
他の打者への辛抱はするのに由伸にあまりにも冷たいと感じ、とても残念でした。

もう一つ残念だったこと
橋本到のバックホーム
6回裏、2死1,2塁からマートンセンター前ヒット
これをセンター到がバックホーム
返球はサード側に逸れセカンドランナーの生還を許しました。

普通のセンターならいいんです、
まずアウトにはできないと思います。
でもね
強肩、橋本到ですよ!
何度も何度もブログで褒め上げてきたのに
ここで魅せなきゃいつ魅せるの?というぐらいの場面でしょ!
あれを刺してこそ、橋本到でしょ!

甲子園の大観衆、なによりベンチの原監督に認めさせる絶好のチャンスを逃したイタル・・
モッテないなぁ。
(追記・ゲーム後監督はあの送球を褒めていたそうですね?
イタルの肩を見くびってるんじゃないの~?
あんなの本来のイタルからすれば全然ダメ!、もっとスゴイんだから!!)


勝ったのは嬉しいし、内海の15勝も本当に素晴らしかったけど
どこか心にひっかかりを覚える今日のゲームでした。



前回、前々回の記事へのコメントに少しですがお返事させていただきます。
「落合監督退任の記事」の中に書きました
金本選手の連続試合出場記録ストップした時の落合さんが言った一言について
どんな言葉でしたか?と、複数の方からコメントいただきました。

ストップした場面というのは
連続フルイニング出場はすでに途切れていたものの、
連続試合は継続していた金本選手が
あの日、8回2死1塁の場面で代打登場しました。
しかしその打席で、走者俊介選手が盗塁失敗。
打席が完了しないまま攻撃終了となりその裏の守備にも就かなかった金本選手
打席に立ったことでゲームに出場した記録は残るものの
連続試合出場の規定は満たさないうルールのため
記録がストップしてしまいました。

ナゴヤドームで行われたこの試合、相手ベンチで見ていた落合監督が
試合後「あれはどうなんだ、」と珍しく記者達に言葉を発していた上に
翌日のゲーム前にも審判団に詳しくルールを問いただしていたということを知りました。
「監督としてきちんとルールを把握しておかないといけないな」という発言に
個人記録が監督の采配一つで途切れることもあるということを知っている人
そしてルールを把握し
監督として気遣い出来ることはしてやりたいと考えている人なのだと思いました。

もちろん金本選手のコンディションを考慮しつつ、
誰よりも記録を尊重してきたのが真弓監督でもありますね。
金本選手も「気にしていない、全然大丈夫」と俊介選手に言ったそうです。


「4番阿部慎之助とラミレス守備」の記事にも
共感して下さってありがとうございました。
阿部選手はしっかりとチームの期待に応えてくれていますよね。
誰の目から見ても「4番・慎之助」に違和感はないと思いますよ!

ラミレス選手の守備
今は本人も自信なさげに守備位置に就いているような気がします。
これからどのような起用法になっていくかは分かりませんが
左投手先発であっても、代打起用でよいのではないでしょうか。
矢野選手も頑張っているし、
谷選手だってスタメンで4打席与えられれば結果を出す選手ですよね。

それから矢野選手の守備
あくまで個人的な感想ですが決して上手くはないと思っています。
強肩と言われているようですがそれほどでもなく
この3連戦で送球の乱れも何度かありました。
甲子園初戦で鳥谷選手が右中間に3塁打を放ちましたが
あの打球は上手い外野手なら捕れていたのではないでしょうか。
フェンス手前でフェンスを気にして躊躇してましたよね。
エキサイトシートに飛び込むだけが勇気ではないし、
出来ることを堅実にすることが大切だと思います。


以上、すべてにお答えできてはいませんがコメントへのお返事でした。
コメントは管理人宛非公開メッセージのみ受け付けております。
2011-09-25  19:24:41

追記 9月26日
まとめてではありますが
今回の記事へのお返事はコメント欄からさせていただきました。
お時間のある時に読んで下さいね。<薫>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。