Ball Parkに住むウサギ

野球ブログです♪
Posted by

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by   20 comments

左翼手・由伸

現在、持病の「ブログさぼり病」を発症中のウサギでございます。
更新しないよりはと思い
お馴染み(?)手抜きシリーズ、
はてなブログで書いていた記事の中から
またもや今の状況にピッタリ合っていると思う記事を見つけましたので
紹介させていただきます。
なお、最後に少しお願いを書かせていただきました。
合わせてお読みいただきますよう宜しくお願い致します。





この記事は今年2月、キャンプも終盤にさしかかるころ
2月17日に書いたものです。

「レフト、由伸」

宮崎は雨
今日行われる予定の紅白戦は中止となりました。

報道によれば
高橋由伸がスタメン・レフトで起用されることが決まっていたそうです。


由伸がレフトを守るのは2007年以来ということですが
この年は、あの華々しい“開幕戦・先頭打者初球本塁打”でスタートを切ったシーズンです。
多分、一度か二度ほんのわずかの守備機会だったのではないでしょうか。


その前年2006年
プロ入り以来最も成績の悪かった年に、守備位置もライトからレフトに回ることが多く
30試合ぐらいは守ったのではないかと思います。


この頃、度重なる故障の蓄積から、身体のあちこちに不安を抱えていたこともあり
守備力には贔屓目にみても
全盛期を知る者からすれば納得のいかないシーンが多々ありました。
そのようなことから
チームとしてもライトよりは負担の軽いレフトという判断があったかもしれません。


しかし、大学時代からライト一筋で守ってきた由伸にとって
まるで正反対の打球方向になるレフトは、守りづらいポジションであったことは想像できるのです。
入団以来、外野手として何度もゴールデングラブ賞を獲得し名手と言われた由伸です。
レフトなら簡単だろうと思ったものですが、
意外に苦労していたなぁというのがその時の印象です。

明らかなエラーというほどではなくても
失点に結びつくいわゆるまずい守備というのがあったように記憶しています。
とはいっても、もちろん下手な外野手という訳ではありませんよ。
左翼手としても平均点以上です。


あれから5年
チームでの立場や、周りの環境も変化しています。
去年はライトばかりではなく
ファースト守備にも挑戦し一塁手としての形は一応作れたかなという状況。


今シーズンは、小笠原選手の一塁固定が基本方針と言われていて
亀井選手もサードコンバート
由伸はライトに専念するのだろうと思っていました。
ところがここにきて、レフトも視野に入れてという話が出てきたようです。


正直、5年前はヨシノブファンとして「なんでヨシノブがレフトなの?」と思ったものでした。
しかし今回は、あくまで私の個人的な意見(当然ですが)を言うなら賛成です。


外野守備におけるレフトとライトの重要性を考えてみれば
誰もが理解できることですが
ライト守備の方がはるかに重要だし難しいし、能力も求められます。

右翼手としての大きな仕事の一つに
「シングルヒットで1塁走者を3塁に行かせない」がありますが
ここは強肩であればあるほど見せ場を作れますね。

ライトの守備位置での動きだけではなく
内野ゴロが飛べば、
即座にファースト方向へカバーの動きをとらなければならないのはもちろんのこと
走者が1塁上にいれば常に、けん制悪送球に備えてカバーの意識を持たねばなりません。

カバー力という観点からみれば、若い選手ほど動きが俊敏で優れています。
ベテラン選手であっても「意識の持ち方だ」とも言えますが、
由伸のこの動きにも年々物足らなさを感じています。


レフトの場合、サードへのカバーは一試合中それほど多く機会があるわけではなく
外野3人の中ではもっとも楽なポジションです。

ラミレス選手だって全試合万全でいられるとは限りません、欠場することもあるでしょう。
低反発統一球が導入される今シーズン
ラミレス選手の守備力は憂慮されるべきだと思いますし
ゲームの終盤、あるいは中盤であってもベンチに下がることが考えられます。

その時に、由伸選手がライトにいるのかファーストなのか
それともベンチなのか分かりませんが
代わりの左翼手としてチームが安心して任せられるような存在であるならば
出場機会も増えるというものです。


4年契約最終年
進退を懸ける年になると言われています。
由伸本人には「右翼手」としての矜持があることでしょう。

しかし、この先の野球人生をさらに豊かなものにしていくことを考えれば
将来の守備位置が<レフト>であってもなんら不思議のないことです。


前回レフトを守っていた時には、ライトとは真逆の感覚に戸惑いを隠せませんでしたが
ここはしっかりとレフト守備を練習し自信を付け
少しでも多くの打席に立ち
チームの勝利に貢献できるよう頑張ってほしいです。


前ヤクルト監督・男前のV9戦士、高田繁さんも名左翼手としてその名を馳せました。
レフトからの由伸の華麗なバックホームも見られるかもしれません。
まずはライト守備を堅実に
そして、レフトと言われても戸惑いなくしっかりと準備し
2011年シーズン、常にその姿がグラウンド上にあることを願っています!



「追記」9月30日
現状を見ればこのときに書いたことは、ほぼ当っているのではないかと思います。

予想以上にラミレス選手が打てなくなったこともあり
ここ数試合はその守備力を考慮したスタメン落ちが目立ちます。
それにつれて、由伸のレフト
若い橋本到のセンターなどいろんな布陣も試されていますね。

昨日はレフト・由伸の好プレーも見られました。
一塁手のミスがなければ鮮やかな捕殺が決まっていた場面でしたね!
解説の衣笠さんもすごく褒めてくれていました。
あのプレーがアウトになっていれば
改めてその守備力をベンチにもファンにも認めてもらえる素晴らしいものだっただけに
フィールズ選手にはしっかりとキャッチしてもらいたかったです。
決まっていればビッグプレーと言ってもいいくらいでした!

ラミレス選手には大変申し訳ないですが
やはり外野守備が締まっていると投手陣も投げやすいのは当然ですね。
ピンチの場面でレフトに打たれたくないという意識が働き
右打者の外角に逃げるような配球をしなければならないなど論外だと思います。

それがファインプレーであっても不味いプレーであっても
守備でのワンプレーがその試合を決めてしまうことはよくありますね。
打撃方向や走塁意識において
相手につけ入るスキを与えてしまうようではチームに貢献できません。
8人の野手には適材適所のポジションが与えられるべきだと思います。


皆様へ
コメント欄につきまして、お願い

本当に中途半端で優柔不断なやり方に自分でも嫌気がさしながらの記事更新ですが
コメント欄についても同様にご迷惑をおかけしています。

やめるならやめる、やるならやるとはっきりしてくれという声が聞こえてきそうですね。
実際にそのようなご意見もいただきました。
お返事は致しませんでしたが、本当にその通りだなと思ったものです。
非公開コメントだけ受け付けて、中途半端に返信もしている、
おかしいですよね、確かに。
でもそこまで読んでいただいている方はブログをいつも訪問して下さる方でもあり
真剣に見て下さっているからこそのご意見ですね。


自分なりに思うところはあるのですが
それをはっきりとここで書く勇気はやはりありません。
ブログ・・辞めてもかまわないのだけど、続けたい気持ちもある。
迷いますねぇ。
今は決められないというのが本当の気持ち。

今日からコメント欄を開けさせていただきます。
でもお願いがあります。
どんなコメントでも毎回嬉しく読ませていただいておりますが
やはり記事とは全く関係のないコメント、あるいは管理人宛の個人的なコメントなどは
他の読者の方が読まれてもあまり楽しくないのではないかと感じます。
そのようなご意見をいただくこともありました。

拙い記事ではありますが、できれば記事内容に沿ったコメントをいただきたいのです。
こんな勝手なブログ、しかも更新頻度は低い。
考えれば考えるほどまとまりはつきませんが
自分のやり方で、と思っています。

なお、このお願いの部分は
皆様もどんなふうにコメントすればよいのやら迷われると思いますので
読んで下さりご理解いただき、感想質問などは無しということで宜しくお願い致します。

勝手なことばかり書きましたが
それでもよろしければ
今日の記事本文への感想を聞かせていただけたら大変嬉しいです。

Ball Parkに住むウサギ <薫>
2011-09-30  13:36:01
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。