Ball Parkに住むウサギ

野球ブログです♪
Posted by

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by   9 comments

今日の感動、「ふたつ」

巨人1-0広島

西村健太朗の好投とアレックス・ラミレスの値千金のHRで見事に勝利しました。

でも
個人的に今日一番の感動シーンは

9回表
守備固めでレフトに入っていた橋本到のファインプレーです。

この回から登板のクローザー久保裕也
迎える先頭バッターは、カープの俊足2番打者・木村昇吾

登ったばかりのマウンドで、やや制球に苦しんでいる様子が見えたこの日の久保
スリーボール1ストライクからようやくフルカウントまで持っていった6球目
真ん中の甘いストレートを上手くレフト方向に流し打ち
打球はレフトへライナー気味やや浅めに飛んでいきました。
左打者の反対方向への切れていく打球です。

ラミレスであれば文句なしのヒット。
(上手い外野手でスタートが良ければ捕れると思われますが瞬時の判断力が必要です!)

超のつくファインプレーではなかったけど
ややレフト線よりにポジショニングしていたことに加えて
画面で確認は出来ませんでしたが
一歩目のスタートももちろん素早く切ったことでしょう。

躊躇なくスライディングキャッチ
とても余裕のあるものでした。
あと1,2メートル手前に落ちるライナーだっとしても
イタルなら捕れていたに違いありません。

最終回1-0という局面で
先頭の俊足打者を塁に出せばあっという間にピンチを迎えてしまいます。
この試合の勝利を決定づけるファインプレーであったと思います。


橋本到
俊足巧打の選手と言われ、将来を期待されている選手ですが
ここまでもちろんスタメン出場はなく
終盤の代走・守備固めがほとんどです。
やっと先日、プロ入り初ヒット、同時に初盗塁を決め喜びの笑顔を見せていました。

しかし何と言っても
野球選手橋本到の最大の魅力はその高い守備力です。
口でどんなに、上手いスゴイと言ったって
こればかりは実際のプレーを見せ付けるしかありません。

そんな機会が1軍の晴れの舞台で
しかも1-0という究極の戦いの中で
本拠地東京ドームの大観衆の前で生まれたことが私は本当に嬉しかったです。

チーム随一と言われる自慢の強肩もまだ披露できてはいません。
センターで縦横無尽に走り回る守備範囲の広さだって
多くのファンは知らないはずです。
もっともっとイタルの素晴らしさを知ってもらえるように
これからも一軍にしがみついてでも頑張ってもらいたいです。

初ヒットに続く初ナイスプレー、
まだまだこれからのイタルだけど
プレー後、レフトの守備位置で
大観衆の拍手にちょっぴり照れたような
でもイタルらしい得意顔を見せていた姿に
胸がジーンとしてしまった私でした。



今日もう一つの感動は
ニュージーランドで行われているラグビーワールドカップ
カーワンジャパンの初戦
日本VSフランス
結果は21-47の敗戦

でも、強敵フランスを相手に日本チームは本当によく頑張りました。
後半、一時は4点差まで追い上げ
勝てそうという生易しい言葉ではなく「勝てる!」と感じたくらいでした。
一人一人の選手が死に物狂いでプレーしている姿に何度も胸が熱くなりました。

今回のW杯日本代表に(もちろんルールに則ってはいますが)
10人もの外国人選手が選ばれたことでいろいろ言われているそうですね。
人気面でのマイナスやイメージ的な問題もあるのでしょう。

でも私はラグビーに詳しくない一般の素人ファンであるかもしれないけど
今日の熱いゲームを見ていて
そんなことは関係ないと思いました。
マイケル・リーチ、ニコラス・ライアン、ジェームス・アレジ
途中負傷してしまったけど、ホラニ龍コリニアシ
みんな日本代表として、チームの一員として全力を尽くして戦っていました。

長く日本でプレーし、ファンに愛され
日本人となって、日本のために戦ってくれている彼らの姿に
私は何の違和感もなく熱い声援を送ることが出来ました。

本気で勝ちにいった今日のフランス戦だったと思うので
悔しい悔しい敗戦には違いないけれど
残り試合も
菊谷主将以下、全員で戦い抜いて欲しいと思います。

本日、もう一つの感動でした。

2011-09-10  23:25:08



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。