Ball Parkに住むウサギ

野球ブログです♪
Posted by

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by   50 comments

笑顔

チームは世間を騒がし、日本一を決める戦いにも水をさし
ジャイアンツファンとして恥ずかしい限りの週末の出来事でした。

代表の会見があった前日
高橋由伸の契約更改交渉がありました。


ここ数年の成績を見れば当然とも言える
大幅ダウンでのサイン。

来季に懸ける由伸の想いやファンとしての自分の気持ちなど
いろいろ書こうと思っていたところ
あのようなチームを揺るがす会見があり
その後も
一方が意見を述べれば他方が反論するという泥仕合の様相を呈し
数人のOBの名前があれこれ取りざたされるなど
宮崎にいる原監督をも巻き込み、収まる気配が見えません。
本当に寂しく、悲しいことですね。

なんとなく・・・
記事を更新する意欲もなくなり、そのままにしていましたが
やはり記録として2011年オフの由伸の1ページは残しておきたいので
ネット上には載らなかったスポーツ報知の記事を紹介させていただきます。

今現在の報知新聞・由伸番記者である、片岡優帆記者が書いています。
片岡記者は神奈川桐蔭学園の野球部後輩にあたります。


<片岡が見た>
2011.11.11付 スポーツ報知~

単年契約と大幅減は想定内だった。
CS直前、今年で4年契約が切れることについて聞いてみた。
「何歳までやりたいとかはない。来年どうなるか(現役で出来るか)も分からないし。
複数年契約?俺(がフロント)だったら、今年の成績を見たら絶対にしないよ」
強い危機感を胸に抱いていた。

4年契約が切れる今季は
「今年で契約が切れるし、一年、一年が勝負になる」と引退も覚悟して臨んだ。
1月の沖縄自主トレでは、自身初めて初日にフリー打撃を行った。
25歳の記者は練習に参加したが
腹筋、背筋、ゴムチューブを使った下半身の強化メニューは
最後までついていけなくなるほどきつかった。
今年に懸ける思いが痛いほど伝わってきた。

持病の腰痛の影響も少なく、オープン戦から打撃は絶好調だった。
開幕2戦目には本塁打を放ち
「今年はどれだけ打つんだろう!」とさえ感じた。
だが、4月に左肋骨を骨折。
リハビリ中は「1日でも早く戻りたい」と焦る気持ちを必死に抑えていた。
約2ヵ月後に復帰したものの、実力通りの成績は残せなかった。
とはいえ、技術面に衰えは見られない。
体調が万全なら、まだまだ活躍できるはずだ。
不退転の決意で臨む一年契約の来季、完全復活を信じている。
(巨人担当・片岡優帆)
原文のまま



ずっと見てきた番記者ならではの
「頑張ってほしい」気持ちが伝わる記事だと思います。

契約更改を終え、記者達の待つ会見場に現れたヨシノブは
思いがけず爽やかな(と、私は感じました)「笑顔」でした。
何かが吹っ切れたような
そして来年も野球が出来る喜びを素直に表していたようにも見えました。

高橋由伸という人は、心に思ったことが素直に顔に出る人です。
それは良いところでもありますが
反面では誤解を招きやすい性格でもあります。
マスコミと上手く付き合っていくことも苦手
ファンに対しても、もっと出来るのではないかと不満に思うこともあります。

でもそれが高橋由伸なんだと私には分かります。
「自分はプレーで見せるんだ!」という強い想いを
プロ入り14年間、今日まで貫きグラウンドに立ち続けてきたと思います。

今季の反省点を問われ
「後悔はしていないけど、怪我(肋骨骨折)をしたところ。
チームが勝てなかったことに悔いが残るし、少なからず僕も貢献できなかった部分がある。」

この
「少なからず僕も貢献できなかった部分がある。」
という言葉に由伸らしさが出ていて好きです。

「試合に出られなくてチームに迷惑をかけた」
という言葉は主力選手だけに許されるものですね。
代わりのいない選手が悔いる時に使う言葉であり、
誤解を恐れず書くなら
レギュラーではない選手が中途半端に言えば生意気にも聞こえます。
(もちろん、勝利のためにチーム全員の力が必要なことは言うまでもありませんが、その上で。)

この日の由伸の
「少なからず・・・」という控えめな表現に
レギュラー選手としての立場を与えられていない自分をわきまえ
奢りのない謙虚な姿勢が感じられて、いいなぁと私は思ってしまうのです。
多分、これはヨシノブファンならではの気持ち
分かる人には分かる気持ちかな。


「大幅ダウンはここ数年のことを思えば当然のこと、
今季、自分なりに手応えを感じてしっかりと戦えた部分もある。
球団から来年も戦力と言ってもらえた、なんとかチームの力になりたい」
と最後に結んだヨシノブ。

来年は、今季以上の決意を胸に臨むシーズンとなるに違いありません。
静かに闘志を燃やす高橋由伸を
これまで以上に熱い気持ちを持って応援していきます。



野球のない日々
しばらくブログをお休みさせていただきます。
ブログトップに広告が掲載されない程度(30日間)には
何か書きたいと思っています。
心はモヤモヤで晴れませんが、身体はとっても元気です。
ちなみに今回の記事番号は“No.88”
頑張れジャイアンツ!<薫>

2011-11-14  14:13:54


報知に載っていたこの写真
「笑顔」が素敵でカッコイイと思いました☆§⌒∇⌒§☆
20111110-311649-1-N.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。