FC2ブログ

Ball Parkに住むウサギ

野球ブログです♪
Posted by   22 comments

海風に吹かれて~Rabbitsの船出

『海風に吹かれて』
Chapter 1
Rabbitsの船出



空カフェ“うさぎ”にて

小春日和の放課後
一人、練習から離れた薫は
海沿いの[空(そら)カフェ“うさぎ”]にいた。
いつもの窓際の席で浮かない表情を見せる薫。

あれは一週間前の日曜日

新チーム結成、正式名称も
湘南・海風Rabbitsと決まり
初めての対外試合、鎌倉学園とのゲームだった。

場所は海風学園からもほど近い平塚球場。

プロ野球チーム横浜ジャイアンツの会長・鍋嶋恒治
世間の嫌われ者として名高いが実は湘南の潮風に吹かれるのが大好き!
今夜も某ホテルでの会食を控え、
群がる報道陣を「時間がない!」と怒鳴り散らしながら平塚球場入り。

鍋嶋会長自ら未来のG戦士たち視察のためスタンドから見守る中
絶好のコンディションの下、午後1時プレーボール


この日の先発はもちろんエース・しずく背番号19
万全の調整を重ね絶好調~
初回から三者連続三振、3回までをパーフェクトに抑える圧巻のピッチング。

攻撃陣も
いきなりトップバッターりんごが三遊間深い打球に全力疾走し内野安打
2番・美樹もファーストストライクを一発バント成功

1死2塁
続く3番・Rugloveは内角ストレートに差し込まれながらも
上手くおっつけライト前に落とすタイムリー
ライトがもたつく間にセカンドを陥れる好走塁!
流れるような先制攻撃を見せるRabbits

海風1-0鎌倉、なお1死2塁
4番の薫、得意の初球打ち、センター前
セカンドランナーRuglove、三塁コーチャー・サオリは腕を回したものの
監督の権限発動、自らの判断で無理はせず自重。

1死1,3塁
ここで、5番を任されているRay
低めは捨て高めを待って上手く打ち上げ飛距離充分のレフト犠牲フライ!
Ruglove悠々と生還。
笑顔でベンチに戻るRayをハイタッチで迎えるナイン~

海風2-0鎌倉 2死1塁
6番・ノックオンの打席で薫が盗塁を仕掛けるも
鎌倉のキャッチャーの矢のような送球に刺され憤死。
初回の攻撃を終了。

2回には2死から8番・ひでが左中間を破り2塁打を放ったものの得点ならず
3回裏、初めての三者凡退。


4回表 鎌倉学園の攻撃
ここまでパーフェクト、完璧な投球のエースしずく
2順目に入り迎えるはトップバッター
コントロール抜群のしずくに対してこの回円陣を組んだ鎌倉
指示は早いカウントから打てだったのか
初球甘めストレートに上手く合わせられライト前クリーンヒット~

初めてのランナーを許しやや気落ちするしずくに
すかさず駆け寄るショートRay
普段から仲の良い二人は多くを語らずとも心が通じ合い
交わす目と目に信頼がにじむ。
グラブでしずくのお尻をポンッ!


2番打者は平凡なレフトフライに打ち取った・・かと思いきや
これをレフト・ノックオン痛恨のポロリ~
一気にノーアウト1,2塁のピンチを招いてしまう。

あぁ、ノックオン~~~

しかし、さすがエースの貫禄
レフトに向かって軽くグラブを上げ、大丈夫の仕草
ノックオンの目には涙が滲む。

ここを抑えなきゃエースじゃないとばかりに
3番打者は切れ味鋭いフォークで三振に仕留めようやくワンナウト
1,2塁のまま走者クギヅケ
続く4番もすぐさま追い込みノーボール・ツーストライク
3球勝負に出たバッテリーだったが
虎ぞうの出したサインは裏目(関西コンビはここまで不発の様相)
ストレートを狙い打ちされ鋭い当たりが3塁線へ~

ところがサードRugloveこの難しい打球を横っ飛び好捕
キャンバス付近からの大遠投、肩は強いが送球に難のあるRuglove
予想通り逸れてさすがの名手ファースト・ひでも捕球できず
記録は内野安打
1死満塁の大ピンチ~


マウンドに集まる内野陣
まだ4回、前進守備は敷かずゲッツー体勢を確認し守備位置に戻る。


迎えた5番バッター
ファウル、ファウルで粘られフルカウントからの10球目

打球は右中間へ
「抜けた~」と、誰もが思ったその瞬間

ライトから猛然と突っ込んできた薫がダイビングキャッチ!

全身を強く打ちつけながらもボールは離さない
しかし立ち上がることは出来ず、カバーのセンターりんごにボールをトス
これをりんごが橋本到ばりの強肩を魅せ
タッチアップしていた三塁走者をホームクロスプレーで刺すという
誰もが驚くライト・センター合わせ技のビッグプレー!

平塚球場のまばらな観客は全員立ち上がり大歓声!
青いディアドラのサッカーシューズを履いたチーム専属カメラマン・元サッカー小僧も
ここぞとばかりにレンズを向けていた。

1死満塁の大ピンチを切り抜けた湘南・海風Rabbits

だったが・・
右中間でうずくまったまま立てない薫
心配して駆け寄るりんご、美樹、Ray・・・



再び
空カフェ“うさぎ”

遠くの海を眺めながらため息をつく薫。

その時

それまでノンビリ長いすの上に寝そべっていた店の看板犬
ヨークシャーテリア(♀3歳)の“うさぎ”が
千切れんばかりにシッポを振りながら勢いよく入り口に向かった。

入ってきたのは校長・Ruglove

「なんだ薫、やっぱりここにいたのか、」

飛びつく“うさぎ”を抱き上げペロペロ攻撃を受けながら窓際の席へ

“うさぎ”がこんなにも校長になついているのは
ダイエットさせるためマスターから固く禁じられているにもかかわらず
こっそり与えている“うさぎ”の好物ササミジャーキーのお陰であることは
校長以外には誰も知らない。

続く
スポンサーサイト