Ball Parkに住むウサギ

野球ブログです♪
Posted by

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by   32 comments

「甦」

意外に思われるかもしれませんが
高橋由伸は

入団3年目の2000年から4年目、5年目
2002年のシーズン途中まで
連続フルイニング出場していました。

しかも2000年
長嶋監督の下、セリーグV
話題となったON対決を制して日本一となったシーズンには
セリーグ公式戦に加えてポストシーズンすべてにもフルイニングで出場
チームの中心打者として活躍しました。

2年前に坂本勇人がシーズンフルイニング出場を記録し
一躍ジャイアンツの主力に躍り出たことは記憶に新しいですね。


言うまでもなく
フルイニング出場とは
そのゲームのプレーボールからゲームセットまで
スコアボードに刻まれたその選手の名前がそこから消えることがないのを意味しています。

どんなに痛い死球を受けても、ゲーム中に何らかのアクシデントがあったとしても
退くことなくゲームを全うした選手だけが記録できるのです。

強い身体、強い精神力を持っていることはもちろんですが
フルイニング出場、しかもそれを連続して行くためには

何と言っても
チームに必要とされることが最も重要な要素です。

ただ打つだけの選手だったら、終盤守備固めが出されることでしょう。
どんなに守れる選手であっても打てなければ最初からオーダーに載ることはないでしょう。

連続フルイニング出場
それを一年間続けること
プロ野球選手にとっては大きな大きな勲章です。



2012年
高橋由伸は決意の一文字を「甦」としました。
取り戻し、甦らせたいのはあの頃の輝き

もちろん今、フルイニングなんて望んではいないだろうし
残念ながらそういう立場にもありません。
でも37歳の今だからこそ放てる輝きがあるはずです。

そのためにはまず「打って貢献すること」これに尽きると思います。

高橋由伸の代名詞のように言われる
「怪我を恐れぬ果敢なプレー」

確かに素晴らしいし
それが高橋由伸の魅力でもあり私自身が惹かれる部分でもあります。
あの守備を一目見た時からファンになったのですから。

でも・・全力プレーの代償はあまりにも大きく
何度も重ねた手術、腰痛の悪化もその激しいプレースタイル故でもありますね。

だから
誤解、語弊を恐れないで言えば
もうダイビングキャッチもフェンスに激突することもやめて欲しい。

由伸自身が思う感じる<最高最善>のプレーではなくても
<次善>でいいじゃない?

フェンスにぶつかってまで捕ろうとしなくても
跳ね返りを素早く処理してランナーを進めない、あるいはセカンドで刺す
それでいいじゃない?

ダイビングキャッチしなくてもスタートをできるだけ早くして
一歩、二歩、打球に追いつく瞬間を早める努力をすればいいじゃない?

それでも
自然に身体が反応するのが高橋由伸という選手であることもよく知っています。

それでも尚、尚、もう怪我をして欲しくないから
少しでも長く由伸がグラウンドに立ち続ける姿を見ていたいから
「打ってチームに貢献する選手」
であって欲しいと私は願います。


沖縄セルラースタジアム那覇での自主トレ中の由伸
連日、走っても守っても若手選手に負けない溌剌とした動きを見せています。
「最終的にシーズンが終わったときに満足できるようにしたい」
あくまで長いシーズンを通してチームに貢献できる自分をイメージしているのでしょう。


 
「甦」という決意の一文字には
天才と呼ばれたあの頃の輝きを取り戻そうという強い想いが込められています。



腰の不安を持って常にそのことを気遣いながらだったここ数年とは違い
明らかにコンディションは良好のようです。
去年、一昨年のように
オープン戦での好調を開幕に繋げる形もいいかもしれないけど
たとえそうならなくても、焦らず長いシーズンを見据えた戦いをして欲しいと思います。

どんなポジション、立ち位置が与えられるかはすべて自分次第
原監督は
「五分五分なら若手を使う」と言っています。
もっと言えば、その言葉は「若手が四分でも使う」と考えてもいいかもしれません。

だから由伸には「七分三分、八分二分」にしてでも競争に勝ち抜いてもらいたいです。
打てばそうなれる!
監督も迷わずオーダーに「高橋由」と書き入れてくれるに違いありません。

2012年、ジャイアンツのラストゲーム
みんなで原監督を胴上げする輪の中に
笑顔の由伸がいますように!

きっと願いは叶うはずです。

誰にも負けない技術と
天才と言われてきた陰で人知れず積み重ねてきた
高橋由伸の『努力』があるのですから。



2012-01-16  15:24:24

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。