Ball Parkに住むウサギ

野球ブログです♪
Posted by

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by   0 comments

意図 【追記】今回記事へのコメントにもRead moreよりお返事しています!

今季初の本拠地東京ドーム
西武ライオンズを迎えてのオープン戦がナイターで行われました。

スタメンオーダー

1 (右) 長野
2 (中) 松本
3 (左) ボウカー
4 (三) 村田
5 (捕) 阿部
6 (遊) 坂本
7 (一) 小笠原
8 (二) 藤村
9 (指) 大田
  (投) 杉内


このオーダーの一番の意図は
3番にボウカーを入れたことですね。

村田4番が騒がれていたけど
それはボウカーが左打者なので後ろを右の村田にしただけ。
ボウカー3番だからこれまで3番の長野を1番に
1番の勇人は下位の6番に下げたのですよね。

そしてもう一つの意図は
2番センターに松本哲也を使ったこと。
大田は指名打者としての起用です。

本番になればDHのないセリーグ
主力の休養目的以外の指名打者はレギュラーではないということを意味し
原監督の頭の中では
センター大田にやや疑問符がつき始めたのかなと思いました。

ところがです。
2打席終了5回の第3打席には、はや代打を送られてしまいました。
元々予定通りだったのか、相手投手が左に代わったからなのかそれは分からないけど
阿部や村田が退くのとは意味が違うと思うんですよね。

2番センター松本をしっかり見極めるなら
せめてもう1打席立たせても良かったのではないかと感じました。

監督自身が意図して決めた本拠地初戦のオーダー
それなのにいとも簡単に交代させたことで
せっかくの2番松本先発の意味が軽くなってしまったような気がしたのです。



西武ライオンズの外野守備陣はいい動きをしていましたね。
センター秋山、惜しくもアウトに出来なかったけど村田の打球によく追いつきましたし
レフトの栗山もさすがの守備でした。
サードのおかわり君も意外と言っては失礼だけど、グラブさばき上手いですね。

ジャイアンツでは
藤村に代わってセカンドに就いた高口が
落ち着いた守備で併殺の起点となったプレーは光っていました。


ショート勇人
本当に今年の守備は期待できると思わせるプレーが何度もありました。
足の運びが去年より格段にいいので
送球に入る体勢を余裕持って作れるようになっているし
送球自体も安定していました。
宮本慎也効果、相当ありそうですね~楽しみです!


高橋由伸
ボウカーに代わり途中出場、1打席のみでした。
結果は四球でしたが、しっかり見極めたというよりも消極的に感じてしまいました。
フルカウントからの最後のボールは自信を持って見送ったかもしれませんが
際どいコース、審判によってはストライクと言われてしまうボールです。
手を出すか、せめてカットして欲しかったです。
ましてギリギリの戦いをしている公式戦ではなくオープン戦、
もっと思い切りよく振っていってもらいたいボールでした。

その西武・牧田投手を同じように打ちあぐねていた由伸、亀井を尻目に
代打登場の同じ左打者の石井義人が初球を上手く流し打ち!
どっちがレギュラー候補なんだというくらいのバッティング~


まだまだ今の時期ですから
今日チーム全体が打てなかったのも問題ないと思いますが
由伸には早く1本、打ってほしいです。(未だノーヒット)
今日一番の歓声を浴びたヨシノブ、
ドームのファンもみんな待っててくれてるんだから頑張って!

オマケ
懐かしい石井一久投手との対戦、見てみたかったなぁ~~


投手陣では杉内、内海が安定したピッチングを見せまずまず。

杉内は前回登板の時の方が良かったかな~
何と言っても変化球のキレが抜群でした!
右打者が空振りして尚且つその投球がバッターの右ひざに当ってしまったという
あのもの凄いスライダーのキレにはびっくり仰天でしたからね。

ところでまたまた一塁手候補登場
ジョン・ボウカーです。

経歴を調べてみると
メジャー通算240試合出場、スタメンは135試合
内訳はファーストで73試合
外野手として62試合だったそうです。
なんだ、ファーストが本職?と思って驚きました。
ファースト守備、どんなものかお手並み拝見したいですね。

3月3日  21:56

Read moreより前回コメントへのお返事をしております。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。