Ball Parkに住むウサギ

野球ブログです♪
Posted by

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by   12 comments   1 trackback

1イニング4奪三振! 追記・萩原智子さん出演番組のお知らせ

DeNA 0-6 巨人 (横浜スタジアム)


昨日のゲームで澤村拓一が達成した記録

本当に素晴らしいと思いました。

1安打完封も凄かったけどもう一つの記録

「1イニング4奪三振」の方です。


中継の中でもさほど声高に言われるわけでもなく
今朝の報道を見ても
いわゆる「珍記録」としての扱いさえ受けていました。

だけどこの記録、そんなに簡単なものではないですよね。

その昔
オールスターで江川卓投手が
江夏豊投手の9者連続三振の記録を破るにはこれしかないと考え
『三振振り逃げを挟んだ10者連続三振』を狙い欲をかき
結局8連続で終わってしまったというウソのような本当のような
どちらともつかない笑い話を聴いたことがあります。
まぁ多分
カーブを打たれてしまったことへの後悔を認めたくなかった江川さん独特のジョークだと思いますが。


珍記録と言われるくらいですから
確かに偶然の部分も含まれる滅多にない記録ではありますが
投手としての力量がなければ例え下位打線と言えども
4者連続でしかも全員空振りの三振(2人目)に抑えることなど出来ないと思います。

プロ野球史上14人目(セリーグでは過去7人)の記録
しかもそのイニングの打者4人すべて三振は6人目。

日本プロ野球界でノーヒットノーランを達成した投手は
つい最近の広島・前田健太投手を含め74人(1人複数回含み85回)
完全試合でも15人が達成しています。

もちろんどっちが嬉しいかと聞かれれば
どんな投手でもノーヒットノーランやパーフェクトがいいに決まっています。

でも昨日のこの1イニング4奪三振という記録も
過去僅かに14人!
珍記録と片付けられるような簡単なものではなく
そこにはしっかりとした実力があってこそのものだという気がしました。


二年目のジンクスという声や
オフに取り組んだ肉体改造に対する否定的な意見のある中

「そういう不安の声は、逆に僕のモチベーションになります。2年目のジンクスと一緒に、ぶち破りたいと思います」と発奮。

500ページを超える「プロメテウス解剖学」という筋肉の構造などが書かれた専門書を読破。
さらに、筋トレの方法や身体のケアに関するノートも自分で作って研究。

雨中の熱投となった昨日のゲームでは
着替えすぎて最後はアンダーシャツがなくなってしまうほどの熱い姿を見せ
半そで姿で投げ抜きました。

最終9回に最速152キロを記録、150キロ超も7球。
これまで課題とされてきたスタミナ切れにも対応できていたように思います。


ユニフォームの袖からのぞくむき出しの逞しい右腕が
本当に頼もしく感じられて
ジャイアンツの未来を支えてくれる一人だと確信した横浜の夜でした!




追記
前回の記事で書きました、競泳の萩原智子さんを取材した番組が
明日、放送されます。

4月15日 夜0時45分~
テレビ朝日『GET SPORTS』



ハギトモさんからのメッセージ
「最初から最後まで、取材をし続けてくれた菊岡さんが、私の作品を放送してくれます。
昨日も、最後のインタビューを受けました。
ん~気持ちの整理が出来ていないので、正直、うまく話せなかったです。
でもそれが、今の私の気持ちかな・・・
お時間のある方は、ぜひ。(*^_^*)」

一部地域では見られないと思うのですが
ご覧になれる方は是非彼女の頑張ってきた軌跡を見てあげて下さいね。

番組HP
GET SPORTS
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。