Ball Parkに住むウサギ

野球ブログです♪
Posted by

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by   0 comments

意図 【追記】今回記事へのコメントにもRead moreよりお返事しています!

今季初の本拠地東京ドーム
西武ライオンズを迎えてのオープン戦がナイターで行われました。

スタメンオーダー

1 (右) 長野
2 (中) 松本
3 (左) ボウカー
4 (三) 村田
5 (捕) 阿部
6 (遊) 坂本
7 (一) 小笠原
8 (二) 藤村
9 (指) 大田
  (投) 杉内


このオーダーの一番の意図は
3番にボウカーを入れたことですね。

村田4番が騒がれていたけど
それはボウカーが左打者なので後ろを右の村田にしただけ。
ボウカー3番だからこれまで3番の長野を1番に
1番の勇人は下位の6番に下げたのですよね。

そしてもう一つの意図は
2番センターに松本哲也を使ったこと。
大田は指名打者としての起用です。

本番になればDHのないセリーグ
主力の休養目的以外の指名打者はレギュラーではないということを意味し
原監督の頭の中では
センター大田にやや疑問符がつき始めたのかなと思いました。

ところがです。
2打席終了5回の第3打席には、はや代打を送られてしまいました。
元々予定通りだったのか、相手投手が左に代わったからなのかそれは分からないけど
阿部や村田が退くのとは意味が違うと思うんですよね。

2番センター松本をしっかり見極めるなら
せめてもう1打席立たせても良かったのではないかと感じました。

監督自身が意図して決めた本拠地初戦のオーダー
それなのにいとも簡単に交代させたことで
せっかくの2番松本先発の意味が軽くなってしまったような気がしたのです。



西武ライオンズの外野守備陣はいい動きをしていましたね。
センター秋山、惜しくもアウトに出来なかったけど村田の打球によく追いつきましたし
レフトの栗山もさすがの守備でした。
サードのおかわり君も意外と言っては失礼だけど、グラブさばき上手いですね。

ジャイアンツでは
藤村に代わってセカンドに就いた高口が
落ち着いた守備で併殺の起点となったプレーは光っていました。


ショート勇人
本当に今年の守備は期待できると思わせるプレーが何度もありました。
足の運びが去年より格段にいいので
送球に入る体勢を余裕持って作れるようになっているし
送球自体も安定していました。
宮本慎也効果、相当ありそうですね~楽しみです!


高橋由伸
ボウカーに代わり途中出場、1打席のみでした。
結果は四球でしたが、しっかり見極めたというよりも消極的に感じてしまいました。
フルカウントからの最後のボールは自信を持って見送ったかもしれませんが
際どいコース、審判によってはストライクと言われてしまうボールです。
手を出すか、せめてカットして欲しかったです。
ましてギリギリの戦いをしている公式戦ではなくオープン戦、
もっと思い切りよく振っていってもらいたいボールでした。

その西武・牧田投手を同じように打ちあぐねていた由伸、亀井を尻目に
代打登場の同じ左打者の石井義人が初球を上手く流し打ち!
どっちがレギュラー候補なんだというくらいのバッティング~


まだまだ今の時期ですから
今日チーム全体が打てなかったのも問題ないと思いますが
由伸には早く1本、打ってほしいです。(未だノーヒット)
今日一番の歓声を浴びたヨシノブ、
ドームのファンもみんな待っててくれてるんだから頑張って!

オマケ
懐かしい石井一久投手との対戦、見てみたかったなぁ~~


投手陣では杉内、内海が安定したピッチングを見せまずまず。

杉内は前回登板の時の方が良かったかな~
何と言っても変化球のキレが抜群でした!
右打者が空振りして尚且つその投球がバッターの右ひざに当ってしまったという
あのもの凄いスライダーのキレにはびっくり仰天でしたからね。

ところでまたまた一塁手候補登場
ジョン・ボウカーです。

経歴を調べてみると
メジャー通算240試合出場、スタメンは135試合
内訳はファーストで73試合
外野手として62試合だったそうです。
なんだ、ファーストが本職?と思って驚きました。
ファースト守備、どんなものかお手並み拝見したいですね。

3月3日  21:56

Read moreより前回コメントへのお返事をしております。





Read more

お友だちのマザーオブパール☆野球大好き・しずくさんからご紹介いただいた
由伸・清原の対談記事に由伸ファンの皆さんから感謝のコメントをいただきとても嬉しく思いました。
しずくさんへも皆さんからの伝言はしっかりお伝えしましたよ。
しずくさんも喜んでいらっしゃいました。
有り難うございました。

普段はどちらかというと本音の部分を見せない由伸ですが
共に戦った清原さんだったからか、素直な心境を語ってくれていましたね。
人は人、自分は自分と思うものの、やはり打ちまくるボウカーの姿には焦りを感じていること
「それでも今は自分のやるべきことをやるだけ、
シーズンの最後に満足できる自分でいたい。」
そう言っていましたね。

焦りがないはずはないですよね。
昨日、ラグビー<スクール☆ウォーズ>でお馴染みの泣き虫先生こと山口良治さんが仰っていました。
「負けた悔しさを知らない勝利者はいない」

何度も大きな故障をし、それを乗り越え
今またレギュラーではなく挑戦者として迎える37歳、15年目のシーズン
本当に頑張ってほしいと願わずにはいられません。
怪我のない一年でありますように!


なでしこサッカー
本田美登里さんの声をじっくり聴かせていただきました。
やはりしっかりした女性ですね、監督さんって感じがしましたよ~

あやちゃんが後半交代した時に
アナから教え子にひと言と振られ
「好守にわたり良いプレーが多かった。」と控え目ながら最大級の褒め言葉で称えていましたね。
得点に繋がらなかった場面でも、何度もビッグチャンスを作っていましたよね。
さすが“サッカー小僧”です!
美穂さんが守って、あやちゃんが躍動する姿には感慨深いものがあったに違いないですね。

卒業式、せっかくのお休みなのに(!)お疲れ様でした。
思い出多かったこの一年を無事に終えることができて本当によかったですね。
改めて、おめでとうございます。
でも・・・春からはお財布の方がちょっぴり心配ですか?笑


「守備力」記事へのコメント~
読み応え、ありましたか?
そう言ってもらえるとすごく嬉しいです。
守備は攻撃以上に大事になってくる場面もありますから
おろそかにはしてほしくないですね。
いよいよ開幕まで一ヶ月を切りました。

数年前まではあんなにお得意さんだったスワローズですけど
ここ最近は苦手気味ですもんね。
いきなり連敗でもしようものならつまずきかねませんから少し心配ですよね。
とにかくスタートダッシュを決めてもらいたいです!


某虎印タイガース様!
大変ですねぇ、急造野手だらけじゃないですかぁ~
内野も外野も、もしかしたら『ザル?』
心中お察し致します~~~


皆様へ
3月4日 追記
お返事はやはりいただいた記事の中でした方がいいと思いますので
今回より、その回のRead moreよりさせていただく形にしますね。
いつも方針がコロコロ変更になってしまいすみません。



由伸と私への励まし
皆さんが私と同じように高橋由伸を応援して下さり
応援する私に対しても励ましの言葉をかけていただくこと、本当に嬉しく思っています。
いつも本当にありがとうございます。

今日(3月4日)の第一打席のあの当りは2012年最高の当りでしたね。
角度があれば完全にスタンドインだったのにと思うと残念です。
守備位置も、レフトだけではなくファースト、ライト、複数の選択肢がありますので
チャンスは充分にあると思います。
少しずつタイミングが取れてくるはずですから、とにかくこれからです。
身体が元気なんですからOK,OK。
そうです、チームで一番の歓声はやっぱりヨシノブへのものでしたよね。
落ち着いて応援して行きましょう!


昨日の(3月3日)のゲームの感想
東京ドームのゲームはやはりワクワクしますよね。
昨日は久々のライト応援の雰囲気も感じられてよかったです。
あの白っぽく映っていたバックネットは私も気になりました。
モヤがかかったみたいでちょっと違和感がありましたよね~でも今日は慣れたのか昨日より少し気にならなくなっていました、一日で何か変わったのかな?って思ったくらいです。ちょっと不思議・・。

ひな祭りはチラシ寿司は作らなかったけど
ケーキを焼きましたよ~美味しかったです、自画自賛(^^
お天気悪そうだから、しまうのが遅くなるかなぁ。


現地観戦、お疲れさま~
今季初参戦ですね!
そうですかぁ、ヨシノブへの大歓声には鳥肌が立つほどだったんですね。
そういう感覚はやはりその場にいればこそですよね。

なんて言うのかな・・ズシンとみぞおちの辺りに響く感じとでもいうのか感動しますよね。
いよいよこれからシーズンに向けてライトのファンの方達も準備を整えていく期間ですか?
楽しみですね♪

一週間前に東京マラソンを走って、今週もなんてすごいですね。
5キロっていうのは分かりますよ、それ以上走るのは身体に悪いですよきっと。
私は長距離まるでダメで苦手でした。
短距離はリレーの選手だったし結構自信あります!


彼がオレンジ色なのは違和感
それはすごく理解できます。
今季、自分の中で未だに折り合いがつかない問題なんです。
以前にTチームの広島風な打線についてお話しされていましたが
ずっとライバルチームにいてその色の選手だと思っていたのに
突然自分のチームの主力と言われても受け入れられない自分がいます。
多分、プロ野球を観ている中で蓄積されたイメージというのがあってそう思わせるんでしょうけど
これは投手よりも野手により大きく感じることかなって思います。
美登里さんのことは、そうだったんですか?
多くの方の知りたいというニーズに応えてあげるのは
ある意味、知っている人の使命なのかもしれませんよ。
去年の夏のドイツから、北京、今ポルトガル、そしてロンドンへ
いろんな意味で今、日本女子サッカー界は千載一遇のチャンスなんだと思います。
そんじょそこらのサポーターとは違う筋金入りの応援ぶり、期待してますよ!


一塁手・ボウカー
私も一度も見ていないので判断がつかないです。
でもメジャーでの記録を見ると
73試合で546守備機会、7失策、守備率.987
まずまずじゃないですか?
ファーストエラーは自分のせいだけじゃなく送球野手とのからみもありますからね、
一概に7つのエラーが悪いとは言えないと思います。
左利きのファーストは問題ないですよ!
内野では唯一OKなポジションです。王さんも左利きでしたよ~。


ラグビー
花園まで応援に行かれてたんですね。
なんと声をおかけしたらいいのか、残念です。
そっかぁ、最後の最後で・・
理道君も応援力が入ったでしょうしね。
でも、これで自分の力で昇格させるっていう目標ができたんだから気持ちを切り替えてほしいなぁ。
なんて言っても今はチームとして悔しさでいっぱいなんでしょうね。
本当に残念。
言葉が見つからないです。


3月5日のコメント~
こんにちは♪
「迷走」ほんとに、そうですよね。
公には出来ませんが言われてることにもの凄く共感しました!

外野の守備は絶対に軽く見たらいけないと思います。
エラーと記録されないエラー、ファインプレーに見えないファインプレー
この差はチームにとっては天と地の差があると思うんですよね。


由伸はやはり代打には向かない選手。
4打席与えてもらいたいです、だけどチームは監督の考え一つですからね。
由伸に対する我慢っていうのは多分ないんだろうなと思います。
出たチャンスにどんどん結果を残していかないと控えになってしまうかもしれません。

でも外野二つとファーストは連動してますよね。
みんなどこでも守れますから。
となるとファーストしか守れない(サードは決定でしょうから)ガッツも厳しい立場ですね。
打たないとこちらも控えに回る可能性が大いにありそうですね。

セカンドだって分かりませんよ。
監督の期待は藤村ですけど、守りが不安定だと起用にも迷いが出てきますしね。
今の状態なら、右打者の好きな監督としては寺内、高口にもチャンスがありますよね。
お馴染みの相手投手左右で組み替える打線なのかもしれません。
(そもそもそういうのはナンセンスだと思いますが・・。)
とにかく、選手を生かすも殺すも監督次第
好き嫌いや特定選手に拘るのではなく上手く舵取りして欲しいと思います!


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。