Ball Parkに住むウサギ

野球ブログです♪
Posted by

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by   0 comments

3月11日

あれから・・

初めての3月11日

一週間後、その日が有無を言わさずやってきます。


あなたはどんな想いを胸に3月11日を迎えますか?



津波の怖さを

あの恐ろしい光景を

私は

一生忘れることはできません。



忘れないで伝えていくこと

小さくてもいい、力になろうとする勇気を持つこと

元気な自分が今できることを探していこうと思います。




『なに言うてんねん』
読売新聞 2011.11.22 掲載記事より


《顔》

ロバート・マンゴールドさん(42)


被災地に現れた関西弁を操る外国人に、最初は戸惑う人も多かった。
それが今では
「ロバート、これ直して」と、あちこちから声がかかる。

これまで6回、計3か月現地に赴き、簡易浴場設置や民家の修理などに
父親譲りの大工の腕を振るった。

 
震災直後、個人から支援物資は受け取れないと避難所で断られ
「組織を作ろうと思った」

自宅のある京都に戻り、知人らに呼びかけ
<国際災害支援機構>を設立した。


1993年、6年間在籍した米海兵隊を辞めて来日した。
「20年前の岩国駐留時代にふれ合った、控えめで相手を立てる日本の人にひかれたんです」

被災地でも
他人を思いやる人に幾度出会ったことか。


「私より、もっと困った人を助けて」
散乱した漁具を一人で片づけていた80代の女性にはそう言われた。

ぐっときたが

「なに言うてんねん」

と冗談ぽく返し、手を貸した。

厳しい冬は目前。
「被災者の心が折れないよう、支え続けたい」

寄付で買った瞬間湯沸かし器50台を届けに
近く7度目の被災地入りをする予定だ。
原文のまま (記事 国際部・吉田健一)



「私より、もっと困った人を助けて」と言ったおばあちゃんの気持ち。

そして、その言葉に胸迫りながらも

「なに言うてんねん」

と、冗談っぽく返しながら手を貸したロバートさんの想い。

この記事を読んだとき、二人のその時の様子が目に浮かんできて
熱いものが込み上げました。


私自身、ロバートさんのようなこうした直接的な支援活動に参加したことはありません。
命を救うことを第一に考えなければいけなかった震災直後から8ヶ月が過ぎ
本格的な復興に向けてあちらこちらでさまざまな動きがありますが
医療・衛生・住宅・教育・経済・・すべてがリンクしそれはそれは難しいものです。


そんな中でそれぞれの立ち位置で出来ることもたくさんありますね。
少しでも復興の手助けになれればと
毎月1回小さな小さな集まりですがご近所の皆さんと協力して
チャリティバザーに参加しています。

皆さんの気持ちのこもった10円、100円・・・
合わせても恥ずかしいくらいに少額ですが収益金を
直接現地に向かわれる方の活動費に充てていただいています。


この先、何十年という単位で力を合わせていかなければならない復興に向けて
記事で紹介されているロバート・マンゴールドさんのように心温まる活動をされている方々

そして

日本全国には数え切れないくらいの被災地を応援する人々の存在があります。
もちろん海外でもたくさんの方が支援して下さっています。


かけがえのない尊い命

大切なもの、想い出・・・


一瞬にして奪われてしまった悲しみは
どんなに時が経っても癒えることなどないに違いないけど
厳しい冬を少しでも暖かく過ごしていただきたいと心から願っています。



昨年11月、ブログで書いた記事です。
もう一度読んでいただきたいと思い再掲致しました。


福島県三春町
春になると
梅、桃、桜の花が一斉に開きそれは美しいのだそうですね。
今年はどんな色で咲いてくれるのでしょうか・・・

北国の桜に想いを寄せて

2012年3月5日  21:28


コメントへのお返事は“Read more”よりしております。<薫>


Read more

福島県「三春町」

記事の最後に三春町のことを書きましたのは・・・

ずいぶん前ですが、伊達政宗の生涯を描いた小説を読んだ時に
政宗の正室である「愛姫」のことを知りました。
三春町の出身だったそうですね。
梅、桃、桜が一斉に咲くという三春の地名の由来がとってもきれいだなと思い
いつか行ってみたいとずっと覚えていた地名だったからです。

身近な方が隣町のご出身ということで三春にはご縁があるのですね。
残留放射線量の高さから丹精こめたお米が収穫できないというお話に心が痛みます。
お住まいの地域が東電管内にあるという複雑さを感じられているのですね・・。
仰っている支援のこと
「私の支援は東北に行くこと」は素晴らしいと思います。
秋田・盛岡・郡山が観戦予定なんですね、
東北の地で電車やバスに乗ること、お弁当を買って食べること、夜の食事をすること、宿泊すること
すべて立派な支援ですね。
その心は必ず被災地の皆さんに届けられると思います。
「風が吹いて欲しい、確かな未来が訪れることを願っている」
本当にそうですね、私も心から願っています。


今ある幸せを見つめて強く生きること
この記事のこと、覚えていて下さってありがとうございます。
私も同じようにこの数日間のさまざまな特集番組やドキュメンタリーなどを見て
改めていろんなことを考えさせられました。

まだまだあの日の出来事で私たちが知らないこともたくさんあって
それは想像を絶することだったんだなって映像を見て思います。
本当に切なくて悲しいですね。
仰るように復興に向ける気持ちと、このことを忘れない思いは持ち続けていきたいですね。
遠くから見守る人達の心の傷に触れている番組もありましたね。
心の痛みが癒えることはないし、みんなそれぞれに抱く思いもありますね。
「現状に悲観することなく今ある幸せを見つめて強く生きたい」お気持ちは理解できるつもりです。
それぞれの3月11日、遠くからだけど祈りたいと思います。


網で作ったミサンガ
仕事のなくなった漁師町の女性達が、使わなくなった網を利用して
ミサンガやストラップ・・・さまざまな小物を作って支援に充てているというお話を
お友だちのブログで見ていたので、知っています。
大きなターミナル駅でしかもデパートの入り口ということでしたら
多くの皆さんが協力されていたというのも想像できます。
二つセットで1000円という金額は確かに10円や100円を募金箱に入れるよりは心が必要ですね。
それでもたくさんの売り上げがあったということ、「少しでも」の気持ちが感じられて嬉しいですね。
願いが届きますように、叶いますように。

藤井選手は大丈夫そうでよかったです。
やはりTチームには最強のライバルでいてもらわないと張り合いがないですから。(本心ですよ!)


由伸のこと
昨日の原監督の発言は見ました。
ファーストは守備力が大事なので固定したいということでしたね。
確かに聞きようによっては由伸のファーストはないとも聞こえました。
でもこれまでもそうでしたが
原監督は口では「守備力、守備力」といっても実際には「打力」を重要視する監督さんだと思います。
過去にも朝令暮改的な発言が多々ありました。
今はまだ3月、たとえ開幕から4月5月が過ぎても慌てることはないと思っています。
というかファンとして焦りを感じる自分自身にそう言い聞かせています。

この前の試合で誰も打てなかった西武のルーキーから完璧な当りを放ったじゃないですか!
きっともうすぐヨシノブらしいバッティングが見られますよ!
大丈夫、大丈夫、しっかり見守りましょう!


なでしこサッカー
やりましたね~~!
おめでとうございます。
キックオフ直後、いきなりあやちゃんが見せてくれたミドルシュートが日本のリズムを作ったような気がしました。
美穂さんもよく守ってましたね~
(ドキッとしたけどオフサイドで幻のゴールになってくれてよかったです)
それにしてもあやちゃんの堂々としたリーダーぶりには感心するばかり、本当に大したもんです。
ゲーム後のインタビューもさすがでした。
ノリさんのスピルバーグっぷりも見事だったし、これはもう優勝するしかないですねぇ。

4月の仙台での親善試合も楽しみです。
皆さんへの励ましになってくれるといいですね。
いいことは続くもので、今日は由伸が技ありの一発を打ってくれました!
なでしこを夜中まで応援した私へのご褒美だったかな(^^


由伸のホームラン~~
出ましたねぇ、第1号!
ずっとヒットも出てなかったから焦りはあったと思うけど
この間の試合でもいい感じだったので、もうそろそろ出る頃だと思っていましたよ。

でもそうなんですよね、私もそのことを感じました。
なんであそこで大田なんですかね。
左投手でもボウカー、ガッツには代打なし、由伸にはあっさり代打・・
扱いに差がありすぎますよね。
今日の起用法を見れば今年もずっとこんな感じの使われ方をするのかと悔しいけど
打っていけば監督の考えも変わるかなって、淡い期待・・を持ってます。
先のことは誰にも分かりませんからね。
シーズンが終わった時に満足できることが一番です。
あまりネガにならずに応援して行きましょうね。


NHKスペシャルのこと
書いて下さった番組は私も見ました。
「あの日を忘れない」というタイトルでしたね。

あの日、こんなにもむごいことが起こっていたのかと涙ぐみながら見ました。
数え切れないくらい見てきたはずのあの日の映像
でも、まだまだ知らなかったことがたくさんあることを思い知らされました。

揺れていた時間があんなに長かったなんて知らなかった。
大きくて長い時間の揺れ、子供たちやおじいちゃんおばあちゃん・・怖かっただろうな。
地震の後片付けをしている最中に大きな津波がやってきて・・・

見ているだけで、辛くて痛ましくてと仰る気持ち
本当に同じ気持ちです。
でも忘れてはいけないんですよね、覚えて伝えていかなくてはいけないんですよね。

あらためて
未だ行方の分からないたくさんの大切な命
そして
失われてしまった多くのかけがえのない命を想います。



3月8日のコメントさまへ
記事を読んで下さり、感想も有り難うございました。

ほんとうに
それぞれの人がそれぞれの想いを持って迎える3月11日ですね。
多分、日本中のみんなが改めていろんなことを思う週末になるのではないかと思います。
でも、どう思ってみても切なくて、やりきれなくて、たまらないですね・・。

更新、マイペースで頑張って下さいね。
また訪問させていただきますね。<薫>

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。