Ball Parkに住むウサギ

野球ブログです♪
Posted by

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by   24 comments   1 trackback

仲間に信頼される守備

今年、キャンプ中にある選手のある記録について書きました。


その選手の名は
東京ヤクルトスワローズ・宮本慎也選手


その記録とは
あの長嶋茂雄さんが1969年にマークした
三塁手としての214守備機会連続無失策(連続シーズン)のプロ野球記録を
43年ぶりに塗り替える215守備機会連続無失策記録です!



4月4日 神宮球場での阪神戦
214守備機会タイに肩をならべ
翌日の同じカードで新記録を達成しました。


昨年は三塁手としての守備率日本記録も更新(9割9分7厘)
遊撃手として6度、三塁手として3度のゴールデングラブ賞に輝く名手は

「毎試合、エラーしたくないと思ってプレーしているが、勝負しにいってエラーになる時もある。
記録を意識したことはないが、一生懸命取り組んできたことが、こういうものにつながったのかな」

と淡々と語っています。


こういったシーズン記録は
通算記録である2000本安打や、~百号本塁打などとは違い
脂の乗り切った年齢の選手が作るものという認識がありましたが
41歳の宮本選手が
このような大記録を達成したというところに驚きを覚えます。


打球の予測がつくショートとは違い
強い打球に対しての瞬時の反応が求められるサードに転向。
楽なサードだから・・という見方も当然ありますが
やはり守備位置ひとつ変われば景色も打球の質も変わります。


今年42歳になる宮本選手
長い間、積み重ねてきた精進・鍛錬に加えて
陰の努力も人知れずあったことでしょう。


そうでなければ
本格的にサード転向してから2年間
送球エラーがわずか2個という結果は残せません。


並大抵の努力ではこんなに素晴らしい記録は達成できないはず!
改めて宮本慎也選手の大記録に拍手を送りたいと思います。


守備だけではなく
そのバッティングでもチームを引っ張る存在です。
開幕から6試合終了
現在打率ジャスト5割、二打席立てば一度は打っていますね。
セリーグ打撃成績表の一番上にその名が記されています。
(オマケ~由伸も3割5分で7位~頑張ってます


そして走者となった時にも
併殺崩しのスライディングなど
とても41歳とは思えない激しさを
ジャイアンツとの開幕シリーズでは見せていました。


「尊敬する長嶋さんの記録と並べたことは大変に光栄。
ピッチャーが打ち取った打球を確実にアウトにすることを心掛けてきた。
年がいっても守備で迷惑をかけずに出来ているのかなと思う。
これからもチームメイトに信頼される守備を続けていきたい。」

4月5日、宮本慎也


相撲界では
『金星を獲って新聞に載るよりも負けて騒がれる力士になれ』
という格言があるそうですね。


このまま記録を途切れさせることなく
伸ばし続けて最後のゲームを終えるのも「らしい」けど

スコアボードに『E5』の文字が点灯し
「あの名手・宮本が・・・」と騒がれるのも
ちょっとカッコイイかもしれませんね。


どんなファインプレーよりも
確実なアウトを重ねた結果の素晴らしい新記録達成
本当におめでとうございます!


4月6日  15:45



『宮本慎也の守備率』 2月20日の記事

今年42歳になる宮本選手
残り25本に迫った2000本安打も話題ですが
もう一つ開幕早々に大きな記録がかかっています。

それは
三塁手としてあと11度の守備機会をエラーなしでさばくと
214守備機会連続無失策となり、1969年に長嶋さんが作った日本記録を抜き新記録達成というものです。

宮本選手の昨季の失策はわずか1つ。
守備率はなんと、9割9分7厘という内野手としては驚くべき数字です!

6月19日のロッテ戦で何でもない正面のゴロをはじいて唯一の失策を喫しましたが
これさえなければ内野手としては史上初の守備率10割を達成していたわけです。

野球というスポーツでは
後ろに誰もいない外野手のエラーは致命的
多くの場合、失点に結びついてしまいます。
滅多にないのが外野手エラーです。
当然ながら下手な外野手の目に見えないエラーというのは
年間数え切れないくらいありますが・・・。


しかし内野手の場合、捕球エラー、送球エラー含めて
一試合で数回のエラーも珍しくはありませんね。
内野手の中では最もエラーの記録されにくいポジションのサードであるとはいえ
昨シーズンの宮本選手の守備率は本当に見事だと思います。

今回調べてみると
宮本選手がサードを守るようになった2009年は守備率.993、まずまずですね。
驚いたのが2010年の.959
そういえばこの年「さすがの宮本も衰えたなぁ」という感想を持ちながら観ていたことを思い出しました。

そこから盛り返しての昨年の数字ですから立派です。
もちろん全盛期の守備範囲には及ぶべくもなく
華麗なショートストップとしての姿を知るファンにとって物足りない部分はあります。
それでも
捕ってからのスローイングの正確さは未だ健在。
若いスワローズ内野陣の良いお手本になっているのでしょうね。

厳しいと言われる宮本選手ですが
人を叱るにはまず自分がそのことを実践出来ていなければ
相手に言葉も気持ちも伝わらないですよね。
守備練習で叱咤する宮本選手の声が響くヤクルトキャンプ
スワローズ内野陣の失策数の少なさは
「背番号・6」の意識の高さから生まれているのではないかと改めて思うのです。

以前に聴いた宮本選手のインタビューで興味深かったことにPL時代の思い出話がありました。

当時のPL学園野球部の練習は想像を絶するものがあり
特に守備を徹底的にしごかれた(もう今では死語かもしれませんが)そうです。

例えば先輩とのキャッチボール時
正確に相手の胸に投げ返さないとスッとグラブを引かれ捕ってもらえなかったそうですね。
内野ノックの時も同じ
ファースト送球の際、ほんのわずかな乱れも許されず
一塁手の正面に投げられなかったボールには
あるはずのミットもなく
無情にもファウルゾーンを転々と転がって行き
それを拾いに行くのももちろん自分自身。
何度も何度も走るうちに
「絶対に正面に投げるんだ!」という強い気持ちが芽生えたと言います。

せっかく捕った打球なのだから
最後の仕上げでエラーすることは悔しくて許せない、
この強い気持ちが宮本選手の高い守備力を支えているのではないでしょうか。


このオフ
坂本勇人が宮本選手の自主トレに参加させてもらい話題となりました。

「もしも勇人に自分のヒットをアウトにされたらその時は絶対悔しいですよ、間違いなく。
でもシーズンが終わった後に、勇人の成長を感じられたらそれはとても嬉しいこと。」


そんな風に語ってくれていた宮本慎也選手
開幕早々に達成されるはずのもう一つの大記録にも注目してみたいですね。

そして
坂本勇人が真にジャイアンツを引っ張る中心選手となれるかどうか
バッティングとともに
その足さばき、グラブさばき、フィニッシュのスローイングまで
期待を込めて観ていきたいと思っています!


2月20日  12:22
Posted by   0 comments

皆様へ

この記事のタイトルを見て

「やっぱりそうか」と感じて下さった方もいらっしゃるかもしれませんね。


過去には月に帰ったり、南の島へ旅したり

何度も読者の方にご心配をおかけしてきましたが

今回は少し長期休暇をいただき

ブログをお休みしようと思います。


2012年プロ野球ペナントレース
もうすぐ開幕だというのに
全くと言っていいほどモチベーションが上がってきません。

ブログ記事を更新する意欲も湧かず・・

どうしてしまったのかと自分自身に問いかける日々です。

せめて週に一度は新しい記事を書こうと思うのに書けません。


こんなブログでも毎日訪問して下さる方や
拙い記事にもそっと拍手して下さる方がいらっしゃることに
本当に申し訳ない気持ちになってしまいます。


大したブログでもないのに
偉そうに休むとか辞めるとか言うのもどうかな、と考えましたが
何も言わずに記事を書かないでいるよりは
ちゃんとご報告した方がいいと思いましたので
しばらくお休みすることをお知らせ致します。

開幕を過ぎ
四月、桜満開の頃
あるいは
陽光きらめき風薫る五月

また自分の気持ちも盛り上がってきましたら
再開できるかもしれません。

もちろん、その間も
大好きなジャイアンツと
大、大、大好きな高橋由伸を
しっかりと応援していくことにちっとも変わりはありません!

また会える日まで
しばらくのあいだ、さようなら。

Ball Parkに住むウサギ  <薫>


2012年3月12日  00:00


拍手コメントへのお返事は、Read moreよりさせていただきます。
Posted by   0 comments

3月11日

あれから・・

初めての3月11日

一週間後、その日が有無を言わさずやってきます。


あなたはどんな想いを胸に3月11日を迎えますか?



津波の怖さを

あの恐ろしい光景を

私は

一生忘れることはできません。



忘れないで伝えていくこと

小さくてもいい、力になろうとする勇気を持つこと

元気な自分が今できることを探していこうと思います。




『なに言うてんねん』
読売新聞 2011.11.22 掲載記事より


《顔》

ロバート・マンゴールドさん(42)


被災地に現れた関西弁を操る外国人に、最初は戸惑う人も多かった。
それが今では
「ロバート、これ直して」と、あちこちから声がかかる。

これまで6回、計3か月現地に赴き、簡易浴場設置や民家の修理などに
父親譲りの大工の腕を振るった。

 
震災直後、個人から支援物資は受け取れないと避難所で断られ
「組織を作ろうと思った」

自宅のある京都に戻り、知人らに呼びかけ
<国際災害支援機構>を設立した。


1993年、6年間在籍した米海兵隊を辞めて来日した。
「20年前の岩国駐留時代にふれ合った、控えめで相手を立てる日本の人にひかれたんです」

被災地でも
他人を思いやる人に幾度出会ったことか。


「私より、もっと困った人を助けて」
散乱した漁具を一人で片づけていた80代の女性にはそう言われた。

ぐっときたが

「なに言うてんねん」

と冗談ぽく返し、手を貸した。

厳しい冬は目前。
「被災者の心が折れないよう、支え続けたい」

寄付で買った瞬間湯沸かし器50台を届けに
近く7度目の被災地入りをする予定だ。
原文のまま (記事 国際部・吉田健一)



「私より、もっと困った人を助けて」と言ったおばあちゃんの気持ち。

そして、その言葉に胸迫りながらも

「なに言うてんねん」

と、冗談っぽく返しながら手を貸したロバートさんの想い。

この記事を読んだとき、二人のその時の様子が目に浮かんできて
熱いものが込み上げました。


私自身、ロバートさんのようなこうした直接的な支援活動に参加したことはありません。
命を救うことを第一に考えなければいけなかった震災直後から8ヶ月が過ぎ
本格的な復興に向けてあちらこちらでさまざまな動きがありますが
医療・衛生・住宅・教育・経済・・すべてがリンクしそれはそれは難しいものです。


そんな中でそれぞれの立ち位置で出来ることもたくさんありますね。
少しでも復興の手助けになれればと
毎月1回小さな小さな集まりですがご近所の皆さんと協力して
チャリティバザーに参加しています。

皆さんの気持ちのこもった10円、100円・・・
合わせても恥ずかしいくらいに少額ですが収益金を
直接現地に向かわれる方の活動費に充てていただいています。


この先、何十年という単位で力を合わせていかなければならない復興に向けて
記事で紹介されているロバート・マンゴールドさんのように心温まる活動をされている方々

そして

日本全国には数え切れないくらいの被災地を応援する人々の存在があります。
もちろん海外でもたくさんの方が支援して下さっています。


かけがえのない尊い命

大切なもの、想い出・・・


一瞬にして奪われてしまった悲しみは
どんなに時が経っても癒えることなどないに違いないけど
厳しい冬を少しでも暖かく過ごしていただきたいと心から願っています。



昨年11月、ブログで書いた記事です。
もう一度読んでいただきたいと思い再掲致しました。


福島県三春町
春になると
梅、桃、桜の花が一斉に開きそれは美しいのだそうですね。
今年はどんな色で咲いてくれるのでしょうか・・・

北国の桜に想いを寄せて

2012年3月5日  21:28


コメントへのお返事は“Read more”よりしております。<薫>
Posted by   0 comments

意図 【追記】今回記事へのコメントにもRead moreよりお返事しています!

今季初の本拠地東京ドーム
西武ライオンズを迎えてのオープン戦がナイターで行われました。

スタメンオーダー

1 (右) 長野
2 (中) 松本
3 (左) ボウカー
4 (三) 村田
5 (捕) 阿部
6 (遊) 坂本
7 (一) 小笠原
8 (二) 藤村
9 (指) 大田
  (投) 杉内


このオーダーの一番の意図は
3番にボウカーを入れたことですね。

村田4番が騒がれていたけど
それはボウカーが左打者なので後ろを右の村田にしただけ。
ボウカー3番だからこれまで3番の長野を1番に
1番の勇人は下位の6番に下げたのですよね。

そしてもう一つの意図は
2番センターに松本哲也を使ったこと。
大田は指名打者としての起用です。

本番になればDHのないセリーグ
主力の休養目的以外の指名打者はレギュラーではないということを意味し
原監督の頭の中では
センター大田にやや疑問符がつき始めたのかなと思いました。

ところがです。
2打席終了5回の第3打席には、はや代打を送られてしまいました。
元々予定通りだったのか、相手投手が左に代わったからなのかそれは分からないけど
阿部や村田が退くのとは意味が違うと思うんですよね。

2番センター松本をしっかり見極めるなら
せめてもう1打席立たせても良かったのではないかと感じました。

監督自身が意図して決めた本拠地初戦のオーダー
それなのにいとも簡単に交代させたことで
せっかくの2番松本先発の意味が軽くなってしまったような気がしたのです。



西武ライオンズの外野守備陣はいい動きをしていましたね。
センター秋山、惜しくもアウトに出来なかったけど村田の打球によく追いつきましたし
レフトの栗山もさすがの守備でした。
サードのおかわり君も意外と言っては失礼だけど、グラブさばき上手いですね。

ジャイアンツでは
藤村に代わってセカンドに就いた高口が
落ち着いた守備で併殺の起点となったプレーは光っていました。


ショート勇人
本当に今年の守備は期待できると思わせるプレーが何度もありました。
足の運びが去年より格段にいいので
送球に入る体勢を余裕持って作れるようになっているし
送球自体も安定していました。
宮本慎也効果、相当ありそうですね~楽しみです!


高橋由伸
ボウカーに代わり途中出場、1打席のみでした。
結果は四球でしたが、しっかり見極めたというよりも消極的に感じてしまいました。
フルカウントからの最後のボールは自信を持って見送ったかもしれませんが
際どいコース、審判によってはストライクと言われてしまうボールです。
手を出すか、せめてカットして欲しかったです。
ましてギリギリの戦いをしている公式戦ではなくオープン戦、
もっと思い切りよく振っていってもらいたいボールでした。

その西武・牧田投手を同じように打ちあぐねていた由伸、亀井を尻目に
代打登場の同じ左打者の石井義人が初球を上手く流し打ち!
どっちがレギュラー候補なんだというくらいのバッティング~


まだまだ今の時期ですから
今日チーム全体が打てなかったのも問題ないと思いますが
由伸には早く1本、打ってほしいです。(未だノーヒット)
今日一番の歓声を浴びたヨシノブ、
ドームのファンもみんな待っててくれてるんだから頑張って!

オマケ
懐かしい石井一久投手との対戦、見てみたかったなぁ~~


投手陣では杉内、内海が安定したピッチングを見せまずまず。

杉内は前回登板の時の方が良かったかな~
何と言っても変化球のキレが抜群でした!
右打者が空振りして尚且つその投球がバッターの右ひざに当ってしまったという
あのもの凄いスライダーのキレにはびっくり仰天でしたからね。

ところでまたまた一塁手候補登場
ジョン・ボウカーです。

経歴を調べてみると
メジャー通算240試合出場、スタメンは135試合
内訳はファーストで73試合
外野手として62試合だったそうです。
なんだ、ファーストが本職?と思って驚きました。
ファースト守備、どんなものかお手並み拝見したいですね。

3月3日  21:56

Read moreより前回コメントへのお返事をしております。
Posted by   0 comments

由伸・清原対談~日刊記事~

ジャイアンツファンのお友だちしずくさん
ブログで昨日の日刊スポーツに掲載された
『37歳、高橋由伸復活へエール』由伸・清原対談
を話題にして下さっています。

BPには由伸ファンの方にいつも訪問していただいていると思いますが
由伸自身の本音が垣間見えるとても興味深い内容です。

しずくさんのブログを紹介させていただきます。
(まだご本人の了解を得ていませんが優しいしずくさんのことだからOKですね!?)


マザーオブパール☆野球大好き
↑クリックして下さいね、<2月29日>の記事です。


ボウカーが打っていることへの焦り
まだ完全に出来上がっていないこの時期に結果を求められていることへ感じる気持ち
自分が打ちさえすれば、レフトに限らずどこかで使ってもらえると思っていることなど・・
これまでは語らなかった心の内をのぞかせています。

清原さんがまた珍しく(?)いいことを言ってくれてます。

「オレは由伸の打ち方が好き、
一本足じゃないけど足踏みしながらシュッと足を上げて背筋をビシッと伸ばしてね、
あの頃と何一つ変わっていない打撃の品の良さも感じる。
あとは自分自身を信じるだけ、そこだけだと思う。心に余裕を持て!」


清原氏、いろいろ苦労してますからね。
語る言葉がだんだん渋くなってきてるような・・・

とにかく由伸ファン必見の対談記事です!


前回記事
『守備力』に拍手コメントをありがとうございます~



記事の中で
現状のジャイアンツ選手達の守備力について、自分としては結構熱く語ったつもりでしたが
皆さんのコメントは
私の「大田泰示への叱咤激励」にご意見が集中しておりまして
ヘェ~~という気持ちです!?

原監督がBPを読んでいるかもしれないから
「大田がファースト守ったらどうしよう?」
という一発ナイスコメントもあり、思わず「上手い!」とクスッと笑わせてもらったり。

某関西系T球団ファンの方からは
「大田センター、文句なしに決まり!」
という自分のチームの勝利だけをこよなく愛するコメントをいただきましたが
そんなことを言ってるから
デイリーの一面に<正捕手不在危機、開幕アウト!>
なんて派手な記事が踊ってしまうのだなぁと同情してしまったり。

「大田は守るとこないんじゃない!」
ズバッと言っていただいたり。

皆さん、誰にも読まれないと思ったら途端にはじけたコメントばかり。
面白いやら、あきれるやらで笑わせてもらいました。
拍手コメントのシステム、なかなか好評のようで良かったです(^^


「宮本選手の守備率」へのコメント
PL学園のお話、面白かったです。
上下関係が厳しく礼儀正しいPL出身と他校出身を比べ
「きちんと挨拶する吉村、出来ない○○と○○(あえて伏せます、現役選手ではありません)」
なるほどと頷きました。

「お雛さま」
各地でいろんな行事が行われますよね。
私も数年前に「つるし雛」で有名な東伊豆稲取にこの季節に旅行したことがあります。
それぞれ個性のある顔をしたお雛様たちが高い所からつるされている様子は壮観でしたよ。

「人形を見ている人の顔は自然とみな笑顔になっている。
人形を見ていると優しい気持ちになれる。」

とってもいい言葉だなって思いました。
人形を見ている人の笑顔を眺めながら
ご自身も自然と笑顔になってることを感じている「優しいあなた」の姿が目に浮かぶようでした。
素敵なコメントをありがとうございます(^^

弥生三月、暖かい春もそこまでやってきています。
ジャイアンツの熱き戦いがいよいよ始まりますね!

3月1日  15:56
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。